2007.07.02

DRAGON GATE:神戸ワールド記念ホール大会

DRAGON GATE:神戸ワールド記念ホール大会をスカパー!で見た。

 後楽園にも全然、行ってないけど一応、ストーリーは全部追ってる。DRAGON GATEは「外敵」を作らずに団体内の抗争をメインにしてきた。でも昨年からTAKAみちのくやディック東郷がスポットながら参戦してた。でもそれはあくまで「DRAGON GATEのリング上」での話。今年、「開放宣言」してその第1弾として望月とフジイさんがIJタッグ引っさげて邪道・外道と戦ったり、土井と吉野がノア参戦したりしている。「他団体のリングに上がって戦ってる」ことは画期的。刺激を与えるにはよかったんじゃないかな、って思う。


 で、今年のワールドはIJタッグを持っている邪道・外道に享・斎了が挑み、ライガーが持ってるオープン・ザ・ドリーム・ゲートにCIMAが挑んだ。堀口が持ってるブレイブ・ゲートには神田、番外として最弱レスラー・市川が永田裕志に挑んだ。結果を言っちゃえばIJタッグとドリーム・ゲートを取り戻したんだけど、これは予想通り。まぁ、ここからどうやって話を持っていくのかに興味がある。トライアングル・ゲートはチョット消化不良だったけど、岸和田兄さんとサイバー・ゴングの戦いはジュニアのぶつかり合いじゃないね、ホントに・・・


 一番面白かったのは堀口対神田(まぁ、神田裕之のファンって事もあるけどね)。岡村社長とレフェリーK-ness.のアシストもあったけど、神ちゃんの勝利パターン炸裂。享の「カミカゼ」の代わりにK-ness.のダークネスバスター。右肩脱臼とヘルニアになってから出さなくなった技だけど、久々に見れて嬉しかった。ついでに昇龍脚も出たけど、「パチーン」っていう音が出なかったのはご愛嬌。最後は「下克上エルボー」。今は「下克上じゃー!!」って言わないから普通のダイビングエルボーになっちゃったけど、未だに「下克上エルボー」って行ってしまう自分がいる・・・。

 ヒヤッとしたのは堀口がビーチブレイクを掛けた瞬間。以前、この必殺技を喰らって神ちゃんは頚椎損傷したんだけど(骨が横に1.5cmずれた)、今回も出してきた。神ちゃんも脳天から落ちたらマジでヤバイから首を曲げて上手く右肩あたりから落ちたから良かったものの・・・。


 今度、ストーカー市川が新日本のマットで星野勘太郎と戦うらしい。永田曰く「ビッシビシ行くからな」と。マジで怯えてたよ。望月成晃対金本浩二(新日本)、ドン・フジイ対黒田哲広(アパッチプロレス軍)も面白かった。黒田のセコンドに付いたあのおばさんは一体、何者・・・?


 久々のDRAGON GATEは面白かった。また後楽園行こうかな。行けたら赤レンガにも行きたいね。

| | Comments (2) | TrackBack (4)

2006.04.13

DRAGON GATE:GLORIOUS GATE TOUR(@後楽園ホール)③

③は第6試合。

メインはマグナムTOKYO・望月成晃対斎藤了・横須賀享。富山大会で「お前らこんな戦いでいいのか」とマグナムが話しカードが急遽変更となった。天龍源一郎が見守る中、試合開始。

試合は享の右腕をマグナムと望月が容赦なく攻める。10分近く攻め続けるが隙をついて斎了にタッチ。斎了が今までの鬱憤を晴らすかのような動きでマグナムと望月を攻め立てる。最後は享のジャンボの勝ち!固めで望月から3カウント。

「勝ちました。リーダー、マグナムさんは僕らにとって偉大な存在。マイクも上手いし、僕は頑張ってもなかなかマイクが上手くならないし。でも、モチベーションが低い訳ではないんです。モチベーションは高いしどうにかして2人を超えたい、と思ってます」と享。
「お前ら、緊張感もって試合しろっていつも俺が言ってるだろ。俺たちも嫌で嫌がらせをしている訳じゃないんだ。今日、お前らの気持ちはお客さんに伝わったと思う。今日、一番うれしかったのは23日の前に望月さんと組めたことです。ありがとうございます」とマグナム。
「富山でマグナムさんに言われてタイトルマッチ前に挑戦者とタッグを組んで分かったことがあります。享の姿を見て絶対に負けたくない、と」斎了。
「話しを切ってしまうのですがいいですか?」キッド。「この試合を見て感動しました。俺は、ほ、本当に気合を入れて23日、天龍さんとのタ、タ、タッグを組ませてもらいます」。
「キッドのマイク聞いてたら横になって休んでられねぇよ。まぁ、俺たちは天龍さんしか見えてないから俺たちの眼中に入ってくるように頑張れよ」と望月。
「キッド、本当にお前はマイクが上達しないなぁ・・・。突然、話し出すからフロリダに触発されて、『俺、ピーターパンの姿になります』って言うのかと思ったぞ。ま、俺たちは天龍さんをKOするつもりで行くからよお前も俺たちの試合の空気に入って来いよ。それと斎了、享。メインだから俺たちの後の試合だよな。俺たちはそういう意気込みで行くからよ。お前らも俺たちの試合を超える試合をしてくれよ。俺たちは試合が終わったら2人のセコンドにつくからな。」とマグナム。
「僕は本当にまじめに言っているんです。この試合を見て心が動かないなんて、そんなはずはありません。23日、思いっきり行かせてもらうので宜しくお願いします」とキッド。ここでマグナムと望月が退場。

「今日は急遽、享さんと組むことになりましたけど、組んでみて享に負けたくない、という気持ちが大きくなりました。それにキッドは不器用ですが本当に本心で真面目に言っているので拍手をしてあげてください。享、23日は最高の試合をしよう。で、ベルトは防衛するからな」と斎了。右手を出して握手しようとするが享は「右手は痛くてダメ」とジェスチャーをして左手で握手して終了。

今月のホールは色々な動きがあって23日の大田区体育館へ向けての布石になったホールでした。メインはメインで緊張感のあるいい試合だったし、セミは予想通りブラッドが分裂、土壇場に強い市ちゃんの勝利も予想通り。ただ、戸澤塾だけが予想外でみんなの度肝を抜きました。

大田区体育館、5月のホールは行けないのでPPVで我慢します。大田区、楽しみです。

※長文、失礼しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DRAGON GATE:GLORIOUS GATE TOUR(@後楽園ホール)②

②では第5試合の模様を。

第5試合はGamma、土井、CIMA組対アンソニー、堀口、キッド組。入場時、CIMAと土井が先に入場しGammaはその後を1人で入場。ブラッドの急襲による場外乱闘で試合開始。

Gammaは堀口、土井は(当然)キッド、CIMAはアンソニーを狙う。場内には技を出すたびにCIMAのうめき声が響く。肋骨にひびが入っているので当然。CIMAが戦っても怪我の影響でまともに戦えず、すぐタッチ。CIMAがアンソニーにカバーされGammaが助けに行く。アンソニーがよけるのでCIMAにエルボードロップを食らわす形になってしまう。「てめぇ、カットに入るときは言え!」とCIMA。さらにGammaの背中を思い切り叩き「行け」と命令。Gammaはムッとするものの土井が一声掛けてGammaをなだめる。土井は堀口にやられていても隙を見てはキッドを襲う。さらに場内からのアンソニーを応援する「王子」コールに「30歳になってなにが王子じゃ!」と反応し場内爆笑。

CIMAと土井の連携からアンソニーに狙いを定めてGammaをリング内に入れて筋トレ。そして、アンソニーを指差して「スーパードロル!」・・・、と言わない。Gammaだけ「スーパー・・・」と声を出してしまう。CIMAが「自分1人でやれ」と。結局、ロープを使った馬飛びの連携を見せてCIMAがトップロープからアンソニー目掛けてフットスタンプ・・・、のはずがアンソニーが両足を押さえていたGammaを自分に引き寄せてフットスタンプはGammaの背中に命中。Gammaは睨みつけるがCIMAはGammaを見ない。「やってやったぜ」と笑みを浮かべる。

試合終盤には6人が入り乱れての攻防となりCIMAがアンソニーにビーナスを2発。アイコノクラズムを放ちマッドスプラッシュに入ろうとした瞬間にGammaがよれを横取り。CIMAとGammaは一触即発。土井が間に入って事なきを得る。場外乱闘となりアンソニーをリング上に戻したGamma。場内が悲鳴の中、ハサミでアンソニーの髪の毛を切る。これに怒ったCIMAがGammaと乱闘。CIMAのトラースキックが決まり中指を立ててシュバインの体勢に入るが肋骨を痛めているために持ち上がらない。Gammaが肋骨目掛けて蹴りを見舞いCIMAは膝をついて動けなくなる。そこに土井が入ってきてGammaをダウンさせ、バカタレスライディングキックをCIMAに食らわす。場内は大ブーイング。そこに吉野が入ってきて「止めろ」と言った後、CIMAを羽交い絞めしリンチ。谷嵜が入ってきて土井を殴ったあと、CIMAを殴りリンチ。フジイさん、鷹木が入ってきてとりあえず収まる(鷹木はすぐに控え室に戻ってしまう)。

(ここからはマイク。覚えている部分を全部、書きます。)

「CIMA、フジイ、お前ブラッドには必要ないんじゃ。お前がいると俺たちが目立たないんじゃ。今週の週間プロレス、週間ゴング。アメリカ遠征の写真、全部、お前が中央や。俺たちも中央に立ちたいんじゃ。お前とフジイ、あとCIMAの金魚のフンの鷹木はいらない」と土井。
「何やと?信悟は実力でここまで上がって来たんじゃ。お前らとは違う。こんなことして良いと思っているのか?吉野、お前はこっちのはずやぞ」とCIMA。
「何?俺は第3代ブレイブゲートのチャンピオンやぞ。俺を呼ぶ時はなぁ、吉野さんと呼べ。俺も真ん中に立ちたいんじゃ」。
「そうか、なら言ってやろう。吉野、お前、ROHの対戦表にYoshinoではなくYoshimoって書かれていたな。所詮、お前はそんなもんじゃ」とCIMA。
「おいCIMA、フジイ、よく聴け。何が査定じゃ。ふざけるな。お前ら俺たちを見下しやがってふざけんじゃねえぞ」と谷嵜。
立ち上がったCIMAが土井にハイキック。土井のアゴに入って土井は場外へ落ちる。「おい、土井。怪我人のキックで伸びてる様じゃあアカンな」。「誰が伸びてるやと。俺を誰やと思ってんねん。暴走マッスルやぞ」。
「おい、CIMA。このチームになぁ、ベビーフェイスはいらねえんだよ」とGamma。CIMAがGammaを殴りに行こうとすると「気安く触るな」と蹴りを入れる。
「フジイ、てめぇ何だその体は。全然、ブラッドの体じゃねぇんだよ」。「大田区、4人は試合が組まれて無いな。俺とGamma、そしてお前ら2人で勝負だ。勝者はブラッドを名乗れる。敗者はブラッド追放じゃ」。「いいだろう。フジイさん、この勝負、受けてやろうやないか。俺とフジイさん、何年、組んでると思ってんねん。夫婦タッグを見せたるわ」。とCIMAが言ってリングアウト。

「おい、お前らよく聞け。特にお前じゃ(と言って、リングサイドの女性CIMAファンを指差す)。今日で終わり?ふざけんじゃねぇ。こんなに美味しいリングはねえよ。俺がベルトを取ってベルトの価値をどんどん、下げてやる覚えておけ」とGamma。最後に「お前ら、脳ミソにたんぱく質が足りないんじゃ。これでも飲んどけ」と土井が言って4人でプロテインを投げて終了。

という事で大田区体育館でCIMA・ドンフジイ対土井・Gammaの敗者ブラッド追放マッチが決定。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

DRAGON GATE:GLORIOUS GATE TOUR(@後楽園ホール)①

DRAGON GATE:GLORIOUS GATE TOURを後楽園ホールに見に行ってきました。

毎月1度の後楽園ホール。今月のホールは結構、大きな変化がありました。PPVが無いのが惜しいぐらいに面白かった。PPVが無いので今回は詳しく書きます。①では前半4試合を。

まずは先月のホール以降の流れから。ホール後の3月19日(日)・川越大会にマグニチュード岸和田兄さんが連れてきたBlood Generationの新メンバーが登場。それは大方の予想通りGamma。CIMAは昨年10月のお笑いプロレス以降、Gammaには良い印象を持っていない。この日はCIMAと享がベルト挑戦権をかけて戦う試合があり、そのセコンドにつく。それと同時進行でブレイブ・リーグ戦は吉野・谷嵜・ドラゴンキッドの3WAYで決勝戦。試合はDo Fixerのリーダー・斎藤了が谷嵜に誤爆しキレた谷嵜は試合放棄。最後は吉野がキッドを仕留めて優勝し、第3代オープン・ザ・ブレイブゲートを獲得。一方、CIMA対享はCIMAペースで進むがGammaのプロテイン攻撃がCIMAに誤爆、享がこれに乗じて勝利。これに怒ったCIMAはGammaと一触即発のムードに。その中を土井が取り持って「4月のホールで一度、試合をしよう。CIMA、俺、Gammaの3人で」と話し、CIMAも了承。

で、アメリカのROHのリングで戦って4月11日の横浜大会。「横浜から動く」というCIMAの予告通り再びCIMAとGammaがやり合っている所に谷嵜が乱入。CIMAを援護し握手。Bloodへの仮入団となり、「翌日のホールでフジイさんが谷嵜を査定する」という事となった。

第1試合はハルク、J・エバンス、谷嵜組対吉野・鷹木・ドンフジイ組。試合前にブラッドのマイク。「ROHでしっかりとDRAGON GATEを見せ付けてきた。俺は余計なお土産を貰ったけど」と肋骨にヒビが入ってしまったCIMA。「谷嵜の査定マッチ、フジイさんお願いしますよ」と話す。土井が「CIMA、Gammaはどうするんだ。今日、1度組んで終わりは流石に可哀想だぞ。今日、Gammaがフォールを取ったらブラッド入り、認めようじゃないか」と。CIMAも「試合内容でお客さんが納得してくれるならいいだろう」と了承。「でもブラッドも谷嵜とGammaが入ったら8人や。会社に新しいワゴンを買ってもらわないと。あと1人、入ったら念願の野球チーム結成や。ブラッド・ジェネレーションズを作ったら、セカンドは土井ちゃんや」と笑いを取って終了。試合の方はハルク対鷹木、吉野対エバンス、谷嵜対フジイの攻防、大田区で戦う2組と査定マッチ。最後はエバンスの630°を谷嵜がカサノヴァにつなげてフジイから3カウント。「俺から取ってどうするんだよ。でも、ブラッド入り、認めてやるよ」とフジイさん。

第2試合は何とも言えません。APWから来た外国人レスラーのレベルが酷すぎて・・・。キング・シーサーが凄く戦い辛そうでした。

第3試合は新井健一郎対トザワ。先月のホールで「やりたい事を発表する」と話しスカジャンを受け取らなかったトザワ。さらに「昭和47年式は古すぎますよ、新井さん」とまで話していた。そのトザワ、「戸澤アキラ」と名前を改めて心機一転。入場テーマも新しく変わり、本人が歌っている。学ラン姿の硬派な応援団が旗を持って入場し、続いて戸澤が入場。「白の長ラン・白のボンタン、髪型はアイパー」というこれまた古い格好で入場。場内は大爆笑。しかも「戸澤塾一号生筆頭 戸澤アキラ」らしい。アラケンは「戸澤塾って何だ?」と聞くと「平成18年4月12日、本日を持って戸澤塾と開校する」と一喝。さらに「戸澤塾とは男の中の男を養成する塾である」と堂々と語る。旗を持っている人は売店の人で、試合中、旗を持ったまま一歩も動きません。試合はアラケンが余裕の勝利。その中でもアラケンに「お前の魂の一発、俺に食らわせてみろ」と言ったり、応援団の様に「ハイッ!ハイッ!」と掛け声を掛けての正拳突き、トップロープに上って「フレー!フレー!戸澤!ハイッ!!」と言ってから両手を後に組んでのダイビングボディプレスなど、笑いどころ満載。試合後、アラケンが「戸澤、お前がこうと決めたらとことんやって行け。戸澤は俺の手の中から巣立っていきました。皆さん、戸澤を暖かく見守ってやってください」話して終了。

第4試合はストーカー市川対ダニエル&マイケル。敗者キャラチェンジマッチ。ホールでは久々の試合となる市川。胸に必勝と書いてやる気満々。ダニエル&マイケルのフロリダブラザーズは「今日もギャグを出していきますヨ」と話すがリングサイドには「冷たい目線」を送るK-nessが。最後に菊池リングアナが「この試合は公正を期すためにレフェリーは玉岡金太が勤めます」と伝え場内は大爆笑(ベーカリーはフロリダブラザーズのジョンソン・フロリダなので)。試合はフロリダの急襲で始まり終始、フロリダペース。ま、当然です。ダニエル三島のフィニッシュホールドのルーテーズ(=バックドロップホールド)をカウント2で返したり今日の市川は違う。玉岡レフェリーも拍手をして「市ちゃんスゴイ」とか「市ちゃん、今がチャンス!」とかレフェリー見てるだけでも面白い。場外へ背中を向けてのブランチャーや735(「ナミコ」)などを見せる。途中、カベジェラを仕掛けて返される。今度はマイケル岩佐がカベジェラを仕掛けて、ダニエルが喜びのあまりにタオルを投げ入れてしまう・・・。しかし、マイケルがレフェリーの目を隠して事なきを得る。2対1なのでフロリダが攻めまくるが、一瞬の隙を突いて市ちゃんが「イナバウアー・スープレックス」(=普通のジャーマンスープレックス)をマイケルに放ち3カウント。連勝が止まりフロリダブラザースは解散。2人は茫然自失。K-nessに「約束だからキャラを変えろよ」言われ「負けるとは思ってなかったし、いきなり変えろと言われても何にも浮かばない」とダニエル。K-nessも「まぁ、俺もフロリダが負けるとは思って無かったし・・・」と。とりあえず「早急に」新しいキャラを考える、ということとなる。市ちゃんに対しては「だ、大丈夫・・・?でも凄いね。頑張ったじゃん。たまにはミスターXを先に知っておくのも良いよね・・・?色々と対策を考えてくれ」と。「ミスターXは元新日本プロレスの吉江豊だ」と発表され、場内は騒然。市ちゃんは呆然。体重160キロの吉江とまともに戦ったらストーカー市川の「キャラ」ではなく「命」が危ないです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.20

DRAGON GATE:BRAVE GATE TOUR(@後楽園ホール)

DRAGON GATE:BRAVE GATE TOURを見に後楽園ホールに行って来ました。

毎月1度の後楽園大会。今回はM2K復活祭。闘龍門JAPANのヒールユニットM2Kの誕生から見てきた私にとっては懐かしく、「一度だけ過去に戻る事を許して」とい気持ちで一杯だった。

後楽園ホール到着は18時20分。今回は久々の北スタンド・赤コーナー付近でした。戦況を見つめる社長やダニエルなどを見る事が出来ました。

前半4試合ではトザワが土井に勝利。まぁ、色々とありましたが最後の最後でプロテインを使って土井ちゃんをスモールパッケージ・ホールドで3カウント。アラケンからスカジャンをもらうもののそれを返して、「来月のホールでやりたい事を発表する」とのこと。師匠のアラケンもビックリしてました。

セミの斉了・元気対マグナム・ハルクはDFの2人が大技を出しまくるもののマグナムが耐え切り、ハルクが元気から3カウント。DFの2人が難癖をつけるが「大技を出して勝てないのだから仕方が無い。試合は必ず勝ち負けがつくのだから仕方が無い」とマグナム。最後にマグナムはデビューして1年で成長したハルクに対して「これからはバチバチ行くぞ」と言ってDFと一緒に退場。しかしGHロックやビーチブレイクを久々に見ました。

メインはCIMA・ドンフジイ・鷹木真吾のBlood Generation対望月成晃・望月享・神田裕之のM2K。懐かしすぎる登場シーン。ダークネス・ドラゴンもチョコフレークK-ICHIも戻ってきて南スタンドのスロープから登場。いつもの場所ならM2Kを間近で見れたのに・・・。試合は懐かしいムーブや連携あり、楽しかったです。チョコの「アイアンクロー2006」も見れたし、最後は「カミカゼ→下克上エルボー」。フジイさんは「モヒカン・アイパー抗争」に決着をつけるために神チャンを引きずり出した、と。最後は握手をして一件落着。

享とCIMAの勝者が4月23日に斉了とベルトをかけて戦うこととなり終了。

闘龍門からのファンにはたまらない試合でした。メインイベントは今までに無いくらい集中して見ていた。試合後のサイン会の神チャンの笑顔が凄く印象に残った。でもM2K復活は一夜限りで終了。時間は進んでいくのでファイナルM2Kとしてリーダーや享は頑張って欲しい。

兄さんが連れてくる新メンバーなど、今後の展開も色々とありそうです。4月23日はPPVで見ますが、来月のホールは行きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.25

DRAGON GATE:TRUE GATE(@後楽園ホール)

DRAGON GATEの後楽園ホール大会を見に行って来ました。

今回のPPVゲストは猫ひろし。第1試合はB×BハルクとマグナムTOKYOの「ダンス対決」。マグナムはダンスの決めポーズで猫ひろしの「ニャー!」を披露。猫ひろしも嬉しそうでした。ジャック・エバンスの鳥人っぷりが凄かった。

ブレイブ。リーグ戦は谷嵜なおきがドラゴン・キッドに勝利。谷やん弾けてます。吉野対土井は時間切れ引き分け。手加減無しのバチバチした試合。その中で封印していた「フロム・ジャングル」、「ソル・ナシエンテ」や「カンパーラ」といったジャベを出していたので見ていて面白かった。

セミファイナルは望月、横須賀対CIMA、ドン・フジイ。レフェリーは神田裕之。で、試合前に神ちゃんをタコ殴り→レフェリング不能に。「八木、お前でいいからやれ」と望月。試合はフジイさんがナイス・ジャーマンで望月から3カウント。さらに暴行を加えると、M2Kの神田裕之がブルーボックスを持って登場。社長に試合出場を直訴する。CIMAは「オリジナルM2Kでやるならダークネス・ドラゴンとチョコフレークK-ICHIをつれて来い」と言い放つ。社長が連れてくる、と話し来月のホールで一夜限りのM2K復活。

メインはマグニチュード岸和田対斉藤了のオープン・ザ・ドリームゲート選手権試合。序盤は斉了が兄さんの左腕を集中攻撃。その後、兄さんが盛り返して互角に。ラスト・ライド3発も喰らった斉了だが一瞬の隙を突いて反撃。ミレニアム・ブリッジで勝利。

今大会はセミファイナルがメインを食ってしまった感じ。私はM2Kが大好きなのでオリジナルM2Kの復活は嬉しい。その反面、「一夜だけ時間を戻す事を許して」とも思っている。神ちゃんの首も心配だし。チョコフレークK-ICHIが来る事が条件だけど、社長やモッチーが連れて来てくれる。とことんオリジナルでこだわるなら「望月享」も一夜限りの復活をして欲しいな、と。

で、来月のホールも参戦決定。神ちゃん、無理はしないでね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)