« 強化指定選手 | Main | DRAGON GATE:神戸ワールド記念ホール大会 »

2007.07.02

2007年度J1第18節:横浜FC対ジェフユナイテッド千葉(@日産スタジアム)

2007年度J1第18節:横浜FC対ジェフユナイテッド千葉戦が行われ0-1で敗戦。数少ないチャンスを生かせず。

 J1第18節、後半戦開始であると同時に1ヶ月の中断期間に入る。相手は千葉。4月のフクアリでは4-0と実力差を見せ付けられての敗戦。その後、共に調子は上がらず18位と16位の対戦となった。下位グループから脱出を図る意味でも、気持ちよく中断期間に入る意味でも、勝ちたい試合だった。

 スタジアム到着は8時20分ごろ。開門時間が11時なので早めに到着。日陰で休みつつ開門を待つ。9時45分からダンマクの搬入を行い、10時45分に年間チケットの先行入場として入場。キックオフ3時間前に入っても何もする事が無く、日陰で雑談。

 13時20分過ぎ、田北GKコーチ、GK菅野(#21)、GK小山(#1)が練習開始。続いてベンチ入りメンバーも練習開始。スタメンはGK:菅野(#21・C)、DF:(右から)山田(#32)・早川(#2)・小村(#30)・和田(#4)、MF:鄭容臺(#13)・根占(#24)のダブルボランチ・右SH:内田(#10)・左SH:滝澤(#12)、FW:難波(#19)・平本(#25)。控えはGK:小山(#1)、DF:中島(#27)、MF:山口(#6)・玉乃(#20)、FW:三浦(#11)・藪田(#16)・曺永哲(#29)。2トップに戻し攻撃の枚数を増やした。

 

 前半開始から左SH滝澤(#12)を中心に攻撃を組み立てて行った。「滝澤のクロス→難波」という形が何度かあったが得点には至らず。逆に前半9分、千葉に右サイドを崩されぺナ内でフリーで待っていたMF山岸(#16)に決められて失点、0-1。先制してから千葉が押し込んでくるが、ラストパスやクロスの質の悪さもあり横浜FCの守備陣が跳ね返す。攻撃は滝澤が基点となって組み立てるがシュートが枠内に飛ばない。前半は0-1で終了。

 後半開始早々、平本(#25)がドリブルで突破しぺナ内まで侵入するがシュートは打てず。千葉はFW巻(#18)のポストプレーを基点に横浜FCを攻め立てるが失点を許さない。MF佐藤(#8・C)のミドルシュートをGK菅野(#21・C)が左手一本で止める。攻撃に活路を見出せなかったが右SB山田(#32)のオーバーラップからクロス、中央フリーで待っていたMF鄭容臺(#13)がボレーシュート。クロスバーに弾かれて得点ならず。最大のチャンスをモノに出来ず試合終了。

 千葉の動きは良くは無かったと思う。運動量も前回の対戦時と比べて多くなかったと思う。それでも攻撃時には常に数的有利を作り出すために動いていた。守備で数的有利を作り出しているのに(山田・早川対楽山の場面)この試合でも決められてしまったので修正してもらわないと・・・。まぁ、一時のどん底よりは上向いていると思うし、「底割れ」さえしなければ、抵抗線越えて上放れると思う。
 
 試合終了後、選手の表情は当然ながら暗い。G裏は後ろ向きな思いを飲み込んで「横浜」を叫んだ。選手には届いているはず。1ヶ月の中断期間、選手の入れ替えの噂もあるが、肝心なのは「チームにぶれない芯を一本通す事」だと思う。
 
 前半戦は18位だった。後半戦の初戦も負けた。でも「後半戦の成績は首位」を目指して戦おう。

|

« 強化指定選手 | Main | DRAGON GATE:神戸ワールド記念ホール大会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/15624046

Listed below are links to weblogs that reference 2007年度J1第18節:横浜FC対ジェフユナイテッド千葉(@日産スタジアム):

» online craps honest gaming [online craps honest gaming]
engender assessed.smoothed blower [Read More]

Tracked on 2007.07.05 at 11:09 PM

« 強化指定選手 | Main | DRAGON GATE:神戸ワールド記念ホール大会 »