« 有言実行 | Main | 2007年度J1第16節:アルビレックス新潟対横浜FC(@東北電力ビッグスワンスタジアム) »

2007.06.18

2007年度J1第15節:横浜FC対ジュビロ磐田(@日産スタジアム)

2007年度J1第15節:横浜FC対ジュビロ磐田戦が行われ1-2で敗戦。先制点を取ったまではよかったが・・・。

J1も15試合目。あと3試合でリーグ戦の半分が終わり、4試合で中断期間に入る。18位の横浜FC、下位グループはまだ勝ち点が接近している事もあって1つの勝利で流れが変わる可能性は大いにある。不祥事で揺れる磐田だが、「チームが1つにまとまっているだろう」と思い、簡単な相手ではない、と思っていた。

スタジアム到着は13時過ぎ。真夏のような日差しが照りつける。みんな日陰を探しては移動。16時にダンマクを搬入、16時45分に入場。「年間チケット保有者は15分前に優先入場出来る」という事だったが、まぁ悪くない。入って何をするというのも無いんだけどね・・・。

18時20分、田北GKコーチ、GK菅野(#21)、GK岩丸(#31)が練習を開始し続いてベンチ入りメンバーも練習を開始。カズ(#11)は直前の怪我でベンチ入りせず、新加入のチョン・ヨンチョル(#29)がベンチ入り。スタメンはGK:菅野(#21・C)、DF:(右から)山田(#32)・早川(#2)・秋葉(#22)・中島(#27)、MF:鄭容臺(#13)・根占(#24)のダブルボランチ・右SH:内田(#10)・左SH:滝澤(#12)・トップ下:奥(#14)、FW:平本(#25)。控えはGK:岩丸(#31)、DF:小野(#18)・小村(#30)、MF:山口(#6)。FW:藪田(#16)・難波(#19)・チョ・ヨンチョル(#29)。4-5-1システムを採用、1トップの平本(#25)をサポートして厚みのある攻撃が出来るか、がポイントだった。

試合開始から積極的に仕掛けたのは横浜FC。その結果は前半5分、DF秋葉(#22)のロングフィードの処理を誤った磐田DF、こぼれ球を拾ってループシュートを決めたのはFW平本(#25)、1-0。攻撃時には根占(#24)が上がってヨンデの1ボランチになる「4-1(ヨンデ)-4-1」、守備時にはダブルボランチになる「4-2-3-1」。マイボールになったときは何度もシュートを放っていたし、磐田の速攻を出させないような守備をしていた。磐田も時間が経つに連れて横浜FCにアジャストし始める。その矢先、成岡(#10)に同点ゴールを決められて1-1。ここからは磐田が試合の主導権を握り続ける。両サイドから何度と無くクロスを入れられるがシュートまでは持ち込ませず1-1で前半終了。

後半も磐田が主導権を握る。後半4分、磐田のMF太田(#7)のクロスにFW前田(#18)。見事なまでに崩されて逆転ゴールを許す、1-2。その後はカウンター攻撃を狙いやや引き気味に構える磐田をなかなか崩す事が出来ない。前半は攻撃の基点だったMF奥(#14)もマンマークにあって思うようなプレーが出来ず、平本もボールを引き出そうとするが激しいマークに遭ってキープする事も難しくなる。選手交代で局面の打開を図るが得点を奪う所までには至らず1-2で試合終了。

先制点を取ったまでは良かった。磐田は相手に合わせる戦術なので、その戦術が嵌ってしまうと試合としては苦しくなる。それがよく出た試合。先制点を取って少し引いてしまったのが勿体無かった。もっと頑張らないと「差」は埋まらないし、諦めずにその頑張りを「続ける」ことが大切なんだろうなとふと思った。

G裏はブーイング。したくないけどブーイング。「愛するクラブに対してブーイング」は心が痛む・・・。

次節はアウェーでの新潟戦。連戦で厳しいのはどのクラブも同じ。「踏ん張る」事が出来るかがポイント。

|

« 有言実行 | Main | 2007年度J1第16節:アルビレックス新潟対横浜FC(@東北電力ビッグスワンスタジアム) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/15474948

Listed below are links to weblogs that reference 2007年度J1第15節:横浜FC対ジュビロ磐田(@日産スタジアム):

» 国連イラク支援団 [リボンは取り外し可能です]
月は 民間人は今年 ブログ [Read More]

Tracked on 2007.06.19 at 08:18 AM

« 有言実行 | Main | 2007年度J1第16節:アルビレックス新潟対横浜FC(@東北電力ビッグスワンスタジアム) »