« クラブW杯③ | Main | クラブW杯⑤ »

2006.12.15

クラブW杯④

初戦、全北現代に勝利したクラブ・アメリカとFCバルセロナの準決勝。

試合を通じて選手の運動量は少ない試合だったように思う。その中でも「ここぞ」という局面では複数の選手が連動して動き出していた。バルセロナはボールを走らせる事によって運動量をカバー。結果的にクラブ・アメリカが走らされる展開になってしまっていた。

試合は0対4でバルセロナが勝利。

「大量リードの時はゴールよりも、わざとゴールポストに当てた方が観客は喜ぶ」

「ボールを回せ、ボールは疲れない」

ヨハン・クライフの言葉が分かったような気がした準決勝だった。

|

« クラブW杯③ | Main | クラブW杯⑤ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/13077772

Listed below are links to weblogs that reference クラブW杯④:

» インテルナシオナルか・・・バルセロナか・・・オシム監督はバルサにゾッコンみたいだし、ロナウジーニョにもねw行け!日本バルサ化計画! [生きることは簡単だ!Living is easy.]
ロナウジーニョ、デコが大暴れしてFCバルセロナが圧勝、インテルナシオナル戦に勝てば世界一クラブ! クラブ世界一を決める大会が日本で行われていることが非常に嬉しいが、日本のクラブがアジアで全く勝てないため... [Read More]

Tracked on 2006.12.15 at 05:19 PM

« クラブW杯③ | Main | クラブW杯⑤ »