« 2006年度J2第52節:横浜FC対愛媛FC(@三ツ沢公園球技場) | Main | 横浜納会のお知らせ »

2006.12.11

2006年度シーズンを終えて

今シーズンの全ての活動が終わりシーズンオフ。これからはクラブの強化担当が主役。

今シーズン限りでクラブを離れる選手
渡辺、吉武、北村、小林、富永。レンタル移籍組では崔成勇、アレモン、広野、河野。

DF渡辺とGK広野の活躍を三ツ沢で見ることが出来なかったのは残念だ。吉武、北村は横浜FCでも特に人気があった選手。「勝負の年」と言われた今年、思うような結果が残せなかった。しかしまだ出来ると思うし、それを見せ付けて欲しい。小林は中島の負傷離脱後、左SBとして出場し続けた。リスクを抑えたプレーでアウグストを助けてくれたことは忘れない。富永は期待されつつも結果を出せなかった。昨シーズンの徳島戦、「ファンバステンを超えた」と言わしめたあのハットトリックは忘れない。

崔成勇は8月からの加入。スピードは衰えたがチームに落ち着きを与えるプレーは光っていた。加入した事によって鄭容臺のプレーも大きく変わった点は見逃せないし、日立台での柏戦で見せたあの気迫は忘れない。7月から加入したアレモン。J2後半戦だけで18得点という驚異的な得点力は間違いなく優勝の原動力。アレモンがいたからこそ「ハマナチオ」と呼ばれる強力な守備が出来た、といっても過言ではないと思う。優勝を決めた鳥栖戦のゴールは美しかった。今シーズンは水戸へレンタル移籍していた河野。水戸でも身体能力を生かした守備を見せていたし、まだまだやれると思う。みんなを見返してくれ。

そして引退した城。一緒に過ごせた4年間はみんなの宝物だ。

新加入選手
難波

難波は流通経済大学のFW。横浜FCの強化指定選手として1試合に出場し、強烈なヘディングシュートを決めて仙台の息の根を止めた。2度目のプロ契約、同じ轍は踏むな。1年目から勝負だ。


これからはフロントn腕の見せ所だぞ。しっかりと働いてもらわないとね。

|

« 2006年度J2第52節:横浜FC対愛媛FC(@三ツ沢公園球技場) | Main | 横浜納会のお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/13023924

Listed below are links to weblogs that reference 2006年度シーズンを終えて:

« 2006年度J2第52節:横浜FC対愛媛FC(@三ツ沢公園球技場) | Main | 横浜納会のお知らせ »