« クラブW杯⑤ | Main | 新加入選手① »

2006.12.18

クラブW杯⑥

3位決定戦はアハリSCがクラブ・アメリカに勝利。アハリSCのアブトレイカはスマートな選手だな、と。クラブ・アメリカはブランコとC・ロペスの温存策に出たけど、一歩及ばず。決勝戦を観戦していたブランコ、オーロラビジョンに映った自分を見て苦笑いしてた。

決勝戦はインテルナシオナルが勝利。バルセロナの典型的な負けパターン。ボールキープするけどシュートまでには至らない。動いてスペースを作ろうとしても動けるスペースが殆ど無かったし、運動量も少なくなっていってた。インテルナシオナルが強かった。

すぐ後にいたインテルナシオナルのサポーター。6,7人の声でバルセロナ側を制圧。「腹の底から出すブーイング」を初めて聞いた。


試合後に感じた違和感。言葉では上手く説明できないけれど・・・、変な気持ちになった。

|

« クラブW杯⑤ | Main | 新加入選手① »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/13108239

Listed below are links to weblogs that reference クラブW杯⑥:

« クラブW杯⑤ | Main | 新加入選手① »