« お知らせ2 | Main | 2006年度J2第47節:柏レイソル対横浜FC(@日立柏サッカー場) »

2006.10.22

2006年度J2第46節:湘南ベルマーレ対横浜FC(@平塚競技場)

2006年度J2第46節:湘南ベルマーレ対横浜FC戦が行われ0-1で勝利。先制して逃げ切った。

カズのゴールで先制。後半は攻め込まれて耐える展開だったけど、逃げ切り成功。後半途中からは「湘南戦での勝ち点3」と「柏戦を睨んだ選手交代」。結果的に2つ共に上手く行ったし良かった。

BLUBIANCO RUSH HOUR 2006。東京-平塚間、停車駅全てでBLU BIANCOな人たちが乗って来て、平塚駅ではホームで出迎えてくれた人もいた。楽しかった。

残り6試合。楽しむときはトコトン楽しもう。戦う時は戦う。「メリハリって大事だな」と思った湘南戦でした。

この日はBLUBIANCO RUSH HOUR 2006。東海道線乗ってみんなでスタジアムに乗り込もう、というイベント。東京駅9時26分発の東海道線に乗るべく、東京駅へ。10名で東京駅を出発。平塚駅までの各駅でBLUBIANCOな人が乗ってきて平塚駅へ。出迎え組と合流し、バスをジャックしてスタジアムへ。到着は11時。ダンマクの下準備をして12時入場。

入場後はダンマクを貼って一休み。ピッチ上では子供たちが前座試合を行う。のどかな雰囲気からは「神奈川ダービー」という感じは受けない。13時20分過ぎ、田北GKコーチ、GK菅野(#21)、GK小山(#1)が練習を開始。続いてベンチ入りメンバーも練習を開始。前節で負傷したFWアレモン(#7)はメンバーから外れ、FW北村(#17)がメンバー入り。スタメンはGK菅野(#21)、DF:(右から)智吉(#18)・小村(#30)・鄭容臺(#13)・中島(#27)、MF:山口(#6)・吉野(#14)のダブルボランチ・右SH内田(#10)・左SHアウグスト(#8)、FW:城(#9・C)・三浦(#11)。控えはGK:小山(#1)、DF:崔成勇(#4)・秋葉(#24)、MF:滝澤(#29)、FW:北村(#17)。FW城(#9・C)がスタメンに復帰。普段通りのサッカーが出来るかどうか、がポイントだった。

試合開始直後は五分五分の展開。前半15分を過ぎ、MF山口(#6)のミドルシュート以降、横浜FCが少しずつ湘南を押し込んでいく。前半19分、右サイドに開いていたMFアウグスト(#8)が右SB智吉(#18)とのワン・ツーでぺナ内に進入。湘南DF2人を引き付けて右足でクロス。ファーサイドでDFを交わしてフリーで待っていたFWカズ(#11)。落ち着いてヘディングシュートを決めて先制、0-1。その後は落ち着いて試合を進めて前半終了。

ハーフタイム時、「気を抜かず45分、戦おう」と。湘南はMF坂本(#8)に代えてMF加藤(#24)を投入。横浜FCの選手交代は無し。

後半は「攻める湘南・守る横浜FC」の構図が続く。MFアジエル(#10)、MF加藤(#24)を中心に攻め込む。横浜FCは引き過ぎてしまいセカンドボールがなかなか拾えない。何度か決定機を作られたがGK菅野(#21)を中心に守り切り、相手のシュートミスにも助けられ失点を許さなかった。試合は0-1で終了した。

「先制して逃げ切った」という試合。内容は良くは無かったかもしれない。それ以上に「勝ち点3」を獲ったことが大きい。後半途中からはMFアウグスト(#8)を代えるなど「次節を睨んだ選手交代」も行った。そのアウグストは復帰後、2アシスト。調子はよさそう。

選手挨拶時、「2001.3.10 あれから色々あった。ありがとう平塚 また会う日まで」のダンマクを掲げた。J2初戦は良く晴れた平塚競技場。それを思い出し「ずいぶんと時は経ったな」と感じた。

上位3チームの消化試合数が並んだ。「1位神戸、2位横浜FC、3位柏」という順位で上位同士の戦いに突入する。まずは第47節、アウェーでの柏戦。何も言うことはない。ただ戦うのみだ。

|

« お知らせ2 | Main | 2006年度J2第47節:柏レイソル対横浜FC(@日立柏サッカー場) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/12382543

Listed below are links to weblogs that reference 2006年度J2第46節:湘南ベルマーレ対横浜FC(@平塚競技場):

« お知らせ2 | Main | 2006年度J2第47節:柏レイソル対横浜FC(@日立柏サッカー場) »