« 06-07UEFAチャンピォンズリーグ・グループリーグ第1節:FCバルセロナ対レフスキ・ソフィア(@カンプ・ノウ) | Main | 2006年度J2第40節:水戸ホーリーホック対横浜FC(笠松運動公園陸上競技場) »

2006.09.14

2006年度J2第39節:横浜FC対柏レイソル(@三ツ沢公園球技場)

2006年度J2第39節:横浜FC対柏レイソル戦が行われ1-0で勝利。今シーズンの姿で勝利。

先日、突然の雷雨。その日以降、季節は夏から秋へと少しずつ、確実に変わってきている。今までなら第39節はシーズン終盤。今年は第39節で第3クールが終了。その第3クール最終戦、三ツ沢で柏との対戦。柏とは勝ち点差4。十分、射程距離圏内。連敗は避けたい柏、勝利して差を詰めたい横浜FC。激しい試合になることは容易に予想できる。共に主力選手が欠場し、我慢比べ。「苦しくても我慢する」事がポイントだった。

あいにくの雨。有給を取った私は少し作業をして三ツ沢に到着したのは12時過ぎ。柏はテント6個、20名ぐらいの方がいた。横浜FC側の列は私1人。途中、駅から送ってもらったG裏な方からダンマクを受け取って待つ。14時を過ぎるとG裏な方が到着し始める。16時にダンマクを搬入し17時入場。

入場と同時に歌詞カード(裏面は山形戦バスツアーの告知)を配る。雨が降り続く中、カードが濡れないようにテントの中に入って手渡し。18時過ぎに連れも到着し緊張しながらMF吉野(#14)との写真撮影会に参加。「緊張しすぎて握手し忘れた」らしい・・・。18時10分過ぎに交代してもらいスタンドへ。18時20分過ぎ、田北GKコーチ、GK菅野(#21)、GK小山(#1)が練習を開始。続いてベンチ入りメンバーが練習を開始。その中にはMFアウグスト(#8)の姿は無いがDF中島(#27)が戻って来た。スタメンはGK:菅野(#21)、DF:(右から)智吉(#18)・早川(#2)・小村(#30)・中島(#27)、MF:山口(#6・C)・鄭容臺(#13)のダブルボランチ・右SH崔成勇(#4)・左SH滝澤、FW:内田(#10)・アレモン(#7)。控えはGK:小山(#1)、DF:岩倉(#23)、FW:三浦(#11)・北村(#17)・富永(#20)。怪我から復帰のDF早川(#2)・中島(#27)は先発、鄭容臺(#13)は本来のボランチに入り柏のMFリカルジーニョを中盤で捕まえる役目。右SH崔成勇(#4)は柏の左SH平山(#24)対策。攻撃は左サイドを中心に組み立て、FWアレモン(#7)の1トップ気味で内田(#10)がトップ下。柏は守備陣に出場停止が相次いでいるがディエゴ、リカルジーニョ(#8)のコンビネーション、ベンチにはFWフランサ(#10)が控える攻撃陣は健在。先制点がポイントだった。

試合開始からボールキープする時間が長いのは柏。横浜FCは守備から自分達のリズムを作りカウンター攻撃を見せる。しかしお互いに攻撃時のミスが多くなかなかシュートまで持ち込めない。その中でも柏は何度かシュートを放つがGK菅野(#21)がしっかりとセーブ。「横浜FCの守備の前に柏のMFリカルジーニョ(#8)がパスコースを探すが見つからずバックパス」という場面が何度もあり、この日の守備は柏に隙を見せなかった。逆に攻撃はFWアレモン(#7)が前線で孤立してしまい内田(#10)も中盤に吸収されて距離が開いてしまう。ボールを奪う地点もFWアレモンまで遠く、攻撃に時間が掛かってしまう。そんな展開で進んだ前半40分。柏陣内・横浜FC右サイドでFKを得る。キッカーはMF滝澤(#29)。左足で蹴ったボールはファーサイドにいたMF鄭容臺(#13)へ。相手DFとの競り合いに勝ちヘディングシュート。GK南(#1)の伸ばした手の先を通過しゴールネットを揺らし先制、1-0。前半は1-0で終了。

ハーフタイム時、「我慢比べだ」と。柏はMF平山(#24)に代えてMF鈴木(#33)を投入。横浜FCの選手交代は無し。

後半も前半同様、横浜FCは守備でリズムを作る。柏はMFディエゴ(#11)、MFリカルジーニョ(#8)にボールを預けての展開。横浜FC守備陣は粘り強くボールに食らいつき柏に楽にプレーをさせない。柏はFW北嶋(#25)に代えてFWフランサ(#10)を投入、攻勢をかける。横浜FCは右肩を負傷したMF崔成勇(#4)に代わって北村(#17)、右SHに入る。続いてMF滝澤(#29)に代えてDF岩倉(#23)、右SHに入り北村が左SHへ。最後はFW内田(#10)に代えてFW富永(#20)、トップ下に入りアレモンのサポート。柏はFWフランサを中心にさらに攻勢を強めるが守りきり試合終了。

監督采配が当たった試合だと思う。鄭容臺(#13)を中盤に上げてMFリカルジーニョ(#8)をケア。左に流れる事の多いMFディエゴ(#11)はMF平山(#24)を見ていた崔成勇(#4)と右SB智吉(#18)がケア。主力2人を出場停止で欠きながらも選手配置で柏を抑えたと思う。後半30分過ぎにはFW内田(#10)、試合終了間際にはFWアレモン(#7)が共に足をつっていた。それ以外の選手もよく走っていて運動量で相手を上回っていたと思う。攻撃は「アレモン頼み」になってしまったのでどこかのポイントで「リスクをかけて」攻める事があっても良かったのかもしれない。MF鄭容臺(#13)は攻守によく動き効いていたと思う。個人技では柏が上回っていたが最後まで粘り強く対処して我慢比べに勝った、という試合だった。

試合終了後の挨拶時、選手の顔には「やったぞ」という表情と「ここからが本当の勝負だ」という引き締まった表情の2つが見て取れた。山口も照れながら自らの歌を歌い、エンブレムを拳で叩いて見せた。

第3クールが終了し、第40節からは第4クール、笠松で水戸と対戦。笠松では未勝利だが関係ない。この流れで笠松に乗り込みたい。水戸との通算成績では9勝9分け9敗(Vゴールで1勝1敗)。勝利して勝ち越しを決めたい。「柏に勝った」という事実、驕りは禁物。「慢心が全てを狂わす」。気を引き締めて戦わなければならない。

|

« 06-07UEFAチャンピォンズリーグ・グループリーグ第1節:FCバルセロナ対レフスキ・ソフィア(@カンプ・ノウ) | Main | 2006年度J2第40節:水戸ホーリーホック対横浜FC(笠松運動公園陸上競技場) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/11889473

Listed below are links to weblogs that reference 2006年度J2第39節:横浜FC対柏レイソル(@三ツ沢公園球技場):

« 06-07UEFAチャンピォンズリーグ・グループリーグ第1節:FCバルセロナ対レフスキ・ソフィア(@カンプ・ノウ) | Main | 2006年度J2第40節:水戸ホーリーホック対横浜FC(笠松運動公園陸上競技場) »