« KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006:日本代表対トリニダード・トバゴ代表(@国立競技場) | Main | 2006年度J2第34節:横浜FC対モンテディオ山形(@三ツ沢公園球技場) »

2006.08.15

2006年度J2第33節:ザスパ草津対横浜FC(@群馬県立敷島公園県営陸上競技場)

2006年度J2第33節:ザスパ草津対横浜FC戦が行われ1-1の引き分け。勿体無い引き分けだった。

2006年度Jリーグ・Division2も第3クール。横浜FCは2位。昇格争いの真っ只中だ。確実に勝ち点を獲って行く事で昇格への道が開ける。今節の相手は草津。横浜FCより順位が下の相手から「勝ち点3」を獲り切ることが重要だった。

今回の草津遠征もバス移動。お盆休みの帰省ラッシュに巻き込まれること無くスタジアム到着は16時。ダンマクの仕込を行って17時30分入場。

入場後はダンマクを張って一休み。入場がキックオフ1時間30分前なのであっという間に時間が過ぎる。18時20分過ぎ、田北GKコーチ、GK菅野(#21)・GK広野(#12)が練習を開始。続いてベンチ入りメンバーが練習を開始。「群馬県」ということでMF山口素弘(#6)を大プッシュ。何度も山口を呼ぶ。山口もそれに答える。スタメンはGK:菅野(#21)、DF:(右から)智吉(#18)・鄭容臺(#13)・早川(#2)・小林(#19)、MF:山口(#6)・内田(#10)のダブルボランチ・右SH崔成勇(#4)・左SHアウグスト(#8)、FW:城(#9・C)・アレモン(#7)。控えはGK:広野(#12)、DF:秋葉(#24)、MF:吉武(#16)・滝澤(#29)、FW:三浦(#11)。ここ数試合、好調を維持している草津。攻撃を司るMF島田(#10)をいかにして抑えるか、がポイントだった。

試合は横浜FCペースで進む。お互いにミスがあったが草津のミスを見逃さずFWアレモンが得点し先制、0-1。先制した後も横浜FCが草津を圧倒。特に右サイドからの攻撃が多かった。右SH崔成勇(#4)、右SB智吉(#18)のコンビネーションが良く整理されていて何度もチャンスを作る。しかしクロスの精度が悪くFWに合わない。前半終了間際にMF山口(#6)がシュートを打つがクロスバーを直撃。前半は0-1で終了。

ハーフタイム時、「落ち着いて試合を進めていかないと」と。ハーフタイム時での選手交代は無し。

後半も横浜FCが主導権を握って試合を進める。「1点リードしている」状況で無理に攻めるのではなく、まず「引いて」、「相手にスペースを与えないような」守備を展開。そこからFW城(#9・C)やFWアレモン(#7)のキープ力を駆使して草津ゴールへカウンター攻撃を仕掛ける。しかし何度か作り出した決定機で追加点を決めることが出来なかった。同点を狙って選手交代を行った草津、逃げ切る為に選手交代を行った横浜FC。最後に待っていたのは草津のMFチカ(#5)の同点ゴールだった。6分という長いロスタイムで決められた同点ゴール。試合は1-1で終了した。

結果的にはFWアレモン(#7)、MF山口(#6)を交代したことが大きかった。アレモンがいなくなり草津守備陣へ与える恐怖感が薄れ、山口がいなくなり横浜FCへ与える安心感が薄れてしまった。草津のパワープレーに屈してしまい同点。「負けに等しい引き分け」と城(#9・C)は語った。7月の湘南戦以降、「試合の終わらせ方」という新しい課題を突きつけられた横浜FC。これを克服すれば昇格への道が見えてくる。MFアウグスト(#8)はこの試合でイエローカードを受けてしまい2試合の出場停止。他にもイエローカードを1枚、受けてしまうとの累積で出場停止となってしまう選手がいる。ここが踏ん張り所。固定されつつあるスタメン。代わりに出場する選手は「代わりに出場する」だけではなく、「ここからスタメンで出場し続けて勝利に貢献するんだ」という気持ちでプレーをして欲しい。チーム力が試される。アウグストは2試合出場停止だが、「終盤戦で出場停止になるよりはいい」と思う。

試合後の挨拶。サポーターは「ヨコハマ!ヨコハマ!」で迎える。「勝ち点2」を落としてしまったことに対してのブーイングもあった。「勝ち点2」を失ったことは正直、悔しい。勿体無い。でもブーイングはしなかった。「負けていない」ことを1番に思った。「勝ち点1」を前向きに捉えた。

次節は三ツ沢で山形戦。気落ちしている場合ではない。監督・選手たちも修正するポイントは分かっているはず。私はG裏で最大限のサポートをするだけ。「勝ち点3」を獲る為に出来る事はやり切ろう、と思う。

|

« KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006:日本代表対トリニダード・トバゴ代表(@国立競技場) | Main | 2006年度J2第34節:横浜FC対モンテディオ山形(@三ツ沢公園球技場) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/11453724

Listed below are links to weblogs that reference 2006年度J2第33節:ザスパ草津対横浜FC(@群馬県立敷島公園県営陸上競技場):

» 「ザスパ草津vs横浜FC」観戦記 [Re:F's blogroom]
 さて、敷島公園まで来るのにいろいろあったが、何とか「今日の目的地」に到着。とりあえず、私個人として本格的な「初アウェー戦」となる。  敷島公園陸上競技場に着いた後、アウェーゾーン専用口から入場。ゴール裏の... [Read More]

Tracked on 2006.08.17 at 11:54 PM

« KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006:日本代表対トリニダード・トバゴ代表(@国立競技場) | Main | 2006年度J2第34節:横浜FC対モンテディオ山形(@三ツ沢公園球技場) »