« 2006年度J2第32節:横浜FC対水戸ホーリーホック(@三ツ沢公園球技場) | Main | 2006年度J2第33節:ザスパ草津対横浜FC(@群馬県立敷島公園県営陸上競技場) »

2006.08.10

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006:日本代表対トリニダード・トバゴ代表(@国立競技場)

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006:日本代表対トリニダード・トバゴ代表戦が行われ2-0で日本が勝利。

日本代表監督にイビチャ・オシムが就任、その初陣はトリニダード・トバゴ代表。何だかんだ言っても「初陣」は勝利で飾りたいはず。少ない合宿期間でどこまで出来るのか、が注目されていた。

千駄ヶ谷駅を降りると、目の前には代表戦でよく見慣れた風景。「日本代表が国立に戻ってきた。サッカーが戻ってきた」という思いを抱く。スタジアム到着は18時。この日はトリニダード・トバゴのサポーターが陣取る場所で見る。昨シーズンまで在籍していたシルビオの母国だ。三ツ沢な皆さんが予想通り結構、来ていた。エリアの真ん中にはスチールドラムを中心とした楽器隊。楽器隊よりも後ろに10名程で陣取って観戦。

スチールドラムの美しい音色に乗せて応援をする。極めてトリニダード・トバゴらしい応援だった。試合は完敗だったが楽しかった。ただトリニダード・トバゴと日本の大きな違いは「サポートの早さ」。攻撃しても孤立してしまう。点と点が線で繋がらない。後半は日本の運動量も落ちて多少、引いたこともあり、人数をかけて攻撃をすることが出来ていた。「リスク管理」が今後のポイント。

日本代表は4-4-2のフォーメーションだった。しかし時折、2-6-2に変化する。その変化をスムーズに行えたのはMF鈴木啓太(#15)の的確なポジショニング。2バックになっても啓太がCBの真ん中に入ってリスク管理。2得点のMF三都主(#3)よりもいいプレーをしていたと思う。こういうプレーを今後も期待。

今回、シルビオ・スパンという1人の選手によってトリニダード・トバゴを知ることが出来、少しだけだったがトリニダード・トバゴを感じることも出来た。貴重な経験だった。

|

« 2006年度J2第32節:横浜FC対水戸ホーリーホック(@三ツ沢公園球技場) | Main | 2006年度J2第33節:ザスパ草津対横浜FC(@群馬県立敷島公園県営陸上競技場) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/11375536

Listed below are links to weblogs that reference KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006:日本代表対トリニダード・トバゴ代表(@国立競技場):

» キリンチャレンジカップ2006 日本代表-トリニダード・トバゴ代表 「マリアはそっぽを向いた」 [カズアマタノツヅリ]
「GOD BLESS YOU」神のご加護のあらん事を。これは昨年まで横浜FCに 所属したシルビオがサインを入れる時に必ず添える言葉。 その言葉の通り、トリニダード・トバゴ代表は神に守られて ワールドカップ出場を決めた。 試合開始前の円陣 そのワールドカップが終わって、代表..... [Read More]

Tracked on 2006.08.10 at 11:15 PM

« 2006年度J2第32節:横浜FC対水戸ホーリーホック(@三ツ沢公園球技場) | Main | 2006年度J2第33節:ザスパ草津対横浜FC(@群馬県立敷島公園県営陸上競技場) »