« 2006年度J2第30節:愛媛FC対横浜FC(@愛媛県総合運動公園陸上競技場) | Main | 2006年度J2第32節:横浜FC対水戸ホーリーホック(@三ツ沢公園球技場) »

2006.07.30

2006年度J2第31節:徳島ヴォルティス対横浜FC(@徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)

2006年度J2第31節:徳島ヴォルティス対横浜FC戦が行われ0-2で横浜FCが勝利。危なげ無い試合運びで勝利。

第3クールに入って1勝2分け。ここ2試合は勝ちきれない試合が続いている。「試合の終わらせ方」という壁にぶつかっている。今節の相手は徳島。最下位で連敗中とは言え「気を引き締めて戦う」事が重要だった。

今回も3月と同様、車で遠征。横浜を朝7時に出発して鳴門に入ったのは15時過ぎ。スタジアム近くで昼食を取ってスタジアムに到着したのは16時ごろ。すでに5名の方が日陰で休んでいた。到着してダンマクの仕込をして17時に入場。

入場後はダンマクを張って日陰で一休み。18時20分過ぎ、田北GKコーチ、GK菅野(#21)、GK小山(#1)が練習を開始。続いてベンチ入りメンバーが練習を開始。愛媛戦は勿体無い引き分けだっただけに「今節こそは」とういう思いで選手に気持ちを伝え、相手サポーターに気持ちを見せ付ける。スタメンはGK:菅野(#21)、DF:(右から)智吉(#18)・鄭容臺(#13)・早川(#2)・小林(#19)、MF:山口(#6)・内田(#10)のダブルボランチ・右SH崔成勇・左SHアウグスト(#8)、FW:城(#9・C)・アレモン(#7)。控えはGK:小山(#1)、DF室井(#5)、MF:吉武(#16)・滝澤(#29)、FW三浦(#11)。怪我のMF吉野(#14)に代わってMF崔成勇(#4)がスタメン。FWも城(#9・C)とアレモン(#7)の組み合わせ。徳島の不安定な守備陣をどうやって崩すか、がポイントだった。

試合開始から主導権を握ったのは横浜FC。徳島のDFラインの裏を狙い続ける。何度もシュートまで持ち込み、先制点を奪った。前半11分、右SH崔成勇(#4)が相手DFとの1対1を制してクロス。ニアサイドに走りこんだアレモンには合わなかったが、ファーサイドでフリーになっていたFW城(#9・C)が落ち着いて決めて先制、0-1。先制された徳島が攻撃に出てくる。前半13分、徳島の攻撃を防いだ横浜FCはセンターサークル付近に残っていたFWアレモンへパス。相手DFはアレモンの前でボールをカットしようとするがアレモンが上手く入れ替わり、ドリブルで独走。GKとの1対でも落ち着いて決めて追加点、0-2。ここからは横浜FCが落ち着いて試合をコントロール。何度か決定機があったが決めることは出来ず。前半は0-2で終了。

ハーフタイム時、「開始15分をしっかり抑えてあと1点取れば試合は決まるな」と。ハーフタイムでの選手交代は無し。

後半も横浜FCが主導権を握る。後半開始早々、MFアウグスト(#8)がドリブル突破からシュートを放つが得点ならず。その後はやや低調な試合になるが、横浜FCが主導権を持っていることに変わりは無い。お互いに何度かシュートまで持っていくが得点は出来ず0-2で試合終了。

前半15分で2点取れたのは大きかった。ピッチの奥行きと幅を上手く使って攻撃をすることが出来たと思う。先発した両FW:城(#9・C)とアレモン(#7)が結果を出したのは大きい。チームとしても無失点で試合を終えることが出来たことは大きい。つまらないミス、集中力が途切れたりしてしまっていたがそれも無く、試合を終わらせることが出来た。監督も守備にやや不安の残るMFアウグスト(#8)を滝澤(#29)に代えるなど早目の処置を施したことも当たった。ただ、3点目を取ればもっと楽に試合を進めることが出来たはず。「2点リードは一番、危ない」と良く言われるだけに「ダメ押し」が出来なかった。MF崔成勇(#4)との連携がまだ上手くいっていないのでここの修正が必要。それと、内田(#10)、吉武(#16)にはもっともっと輝いて欲しい。四国遠征に帯同したがベンチ入りできなかった北村(#17)ももっと出来るはず。

私も試合が落ち着くのと同じく、「変に」落ち着いてしまった。最下位・徳島に対して前半で2点リード。落ち着きすぎてしまったな、と。ここは反省。

試合終了後、選手たちはG裏に挨拶。久々の先発出場で先制点のFW城(#9・C)も手を振って声援に答える。挨拶時、一瞬、安堵の表情を見せたがすぐに切り替わった。次節は三ツ沢で水戸と戦う。徳島で獲った「勝ち点3」、これを次節に繋げないといけない。

7月は「勝つ事の難しさ」を経験した。だからこそ、最後の最後まで、試合終了するまで気を抜かずに戦わなければならない、と。残り20試合、やれることは全てやりきって戦い抜かないといけない。

|

« 2006年度J2第30節:愛媛FC対横浜FC(@愛媛県総合運動公園陸上競技場) | Main | 2006年度J2第32節:横浜FC対水戸ホーリーホック(@三ツ沢公園球技場) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/11149994

Listed below are links to weblogs that reference 2006年度J2第31節:徳島ヴォルティス対横浜FC(@徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場):

« 2006年度J2第30節:愛媛FC対横浜FC(@愛媛県総合運動公園陸上競技場) | Main | 2006年度J2第32節:横浜FC対水戸ホーリーホック(@三ツ沢公園球技場) »