« 旅立ちに祝福を | Main | 補強 »

2006.07.05

2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:準決勝①

ドイツ対イタリア(@ドルトムント)
0対2でイタリアが勝利。観客の大声援を受け、自国開催での優勝を果たすべく勝ち上がってきたドイツ。八百長疑惑、元イタリア代表選手の自殺未遂疑惑・・・。逆風を跳ね返して勝ち上がってきたイタリア。

試合開始から両チームのストロングポイントを出し合う激しい試合となった。ドイツはMFバラック(#13・C)のゲームメイクからFWクローゼ(#11)、FWポドルスキー(#20)へとつなぐ。イタリアはMFトッティ(#10)、MFピルロ(#21)が攻撃をコントロールし、最終ラインではDFカンナバーロ(#4・C)、GKブッフォン(#1)が得点を許さない。前後半の90分を戦っても得点は入らず延長戦へ。

延長戦では両チームに決定機が2度ずつあった。ドイツ、1本はブッフォンに阻まれ、もう1本、完全にフリーな状態でシュートを打ったのだが、シュートミスで枠外へ。イタリア、2本共にドイツのGKレーマン(#1)が触れる事が出来なかったがゴールポストとクロスバーが防いだ。

試合終了直前、イタリアのCK。ドイツのクリアが小さく、ボールを拾ったMFピルロがルックアップしぺナ内(右側)にいたDFグロッソ(#3)へパス。全くのフリーでいたグロッソは利き足の左足でダイレクトシュート。ボールはコースに入ったバラックの右側を通過しレーマンの指先を通過し左側のサイドネットに突き刺さった。残り時間はロスタイムのみとなった状態で先制されたドイツは総攻撃を掛けるが、カウンター攻撃からFWジラルディーノ(#11)がドイツ陣内のぺナ付近でボールをキープし、約70メートルを走ってきたFWデル・ピエーロ(#7)にパス。デル・ピエーロはGKの動きを見て右足でシュートを決めて0対2となり試合終了。

共に持ち味を出し合った好ゲーム。ドイツは好調のFW陣が不発で、イタリアのDF陣に押さえ込まれてしまった。しかし、ここまでの戦いは素晴らしかった。3位決定戦を戦うが、最後は勝って大会を終えて欲しい。イタリアは辛抱強く戦ってドイツに競り勝った。24年ぶりの優勝へ王手。

|

« 旅立ちに祝福を | Main | 補強 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/10796873

Listed below are links to weblogs that reference 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:準決勝①:

« 旅立ちに祝福を | Main | 補強 »