« 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF・オーストラリア代表対日本代表(@カイザースラウテルン) | Main | 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループH第1戦 »

2006.06.14

2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF・G第1戦

グループG:韓国対トーゴ(@フランクフルト)
2対1で韓国が勝利。序盤に韓国が攻勢を強めるが得点できず、盛り返したトーゴが先制。後半、トーゴのDFアバロが2枚目のイエローカードで退場、直後のFKを韓国のFWイ・チョンスが決めて同点。一気に攻撃に出た韓国はFWアン・ジョンファンの逆転ゴールを決めて勝利。トーゴは荒削りのチームだった。韓国は運動量と粘りで逆転勝利。

グループG:フランス対スイス(@シュツットガルト)
0対0で引き分け。前半はフランスが優勢。MFジダンを中心にスイス陣内に攻め込むが得点できず。後半はスイスが盛り返してきたが得点できなかった。互いに警戒しながらの試合で、共に決定機を決めきることが出来なかった。共に最悪ではないが最低限の「勝ち点1」を確保した。

グループF:ブラジル対クロアチア(@ベルリン)
1対0でブラジルが勝利。「攻めるブラジル・カウンター攻撃を狙うクロアチア」という構図で試合は進む。クロアチアの守備陣に苦戦していたが前半終了間際にブラジルのMFカカがミドルシュートを決めて先制。後半はクロアチアも思い切って攻めるが、攻撃に厚みは無く得点できず。ブラジルは守備でやや甘さを出してしまった。クロアチアは前半、守備的に戦いすぎた。

あと、主審の上川徹さんがグループB:イングランド対トリニダード・トバゴの主審を務めるとFIFAから発表があった。副審の広嶋禎数も同時に担当する。上川主審、広嶋副審はグループA:ポーランド対エクアドルに続いて2試合目。

|

« 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF・オーストラリア代表対日本代表(@カイザースラウテルン) | Main | 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループH第1戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/10518753

Listed below are links to weblogs that reference 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF・G第1戦:

« 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF・オーストラリア代表対日本代表(@カイザースラウテルン) | Main | 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループH第1戦 »