« 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループD、E第1戦 | Main | 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF・G第1戦 »

2006.06.13

2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF・オーストラリア代表対日本代表(@カイザースラウテルン)

2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF・オーストラリア代表対日本代表戦が行われ3-1で敗戦。「勝ち点1」すらも失った。

日本代表の初戦の相手はオーストラリア代表。名将の誉れ高いフース・ヒディングが率いている。「名選手対名将」の対決だった。日本のスタメンは予想通り。オーストラリアのスタメンは「3-5-2」で日本と同じで、中盤の毎週を同数にしてきた。さらにFWキューウェル(#10)が右サイドに位置していて、左WBの三都主(#14)と当たる。日本の左サイドに狙いを定めてきた。

試合開始から「後半20分過ぎの様な」展開が続いた。両チーム共に「前へ」という気持ちが強すぎた。オーストラリアはFWビドゥーカ(#9・C)を中心に攻めていて、常にオーストラリアが先手を取っていた。日本は受けに回る時間が続くがFW高原(#9)が惜しいシュートを放ってからは日本も落ち着いて試合を進めることが出来るようになった。そして前半26分、MF中村(#10)がGKとDFの間に「フワリ」としたパスを出す。FWの高原と柳沢(#13)がこれに反応。相手のGKとDFも反応する。ボールに反応した選手同士が交錯し、誰もボールに触れる事が出来ずパスはそのままゴールネットを揺らした。「反則はない」という判定で日本が先制、0-1。GK川口(#23)を中心とした守備陣も奮闘して前半は0-1で終了。

後半開始からオーストラリアはFWビドゥーカ目掛けてのロングボールが多くなる。DF坪井(#19)が負傷しDF茂庭(#2)が入る。オーストラリアは長身FWケネディ(#19)を投入しパワープレーで日本を押し込んでいく。日本は耐えてカウンター攻撃で追加点を狙うがシュートが枠内に飛ばない。疲れが見えてきた日本はFW柳沢(#13)に代えてMF小野(#18)を投入、MF中田(#7)を1列前に上げて福西(#15)と小野でダブルボランチを組む。オーストラリアはFWアロイージ(#15)を投入し完全なパワープレー。オーストラリアのFKからのシュートもGK川口が落ち着いて防ぐ。が、後半39分、ロングスローに対して飛び出した川口、ボールをクリアする事が出来ず、MFケイヒル(#4)に押し込まれ同点、1-1。後半44分、MFケイヒルにミドルシュートを決められて逆転される、2-1。攻撃に出た日本を待ち構えていたオーストラリアはFWアロイージがカウンター攻撃からシュートを決めて3-1となり試合は終了した。

「勝ち点1」さえも失った。選手交代策が上手く行かなかった。「残り試合時間20分の時点で小野の投入」というのがポイントだったと思う。小野を投入してもダブルボランチは変えずに、小野と中村がトップ下ならまた試合展開は変わっていたかもしれない。この交代でチーム全体が曖昧になってしまったように思う。もっと分かりやすい選手交代(中田浩二や巻)でも良かったと思う。追加点を奪う事が出来なかったのも大きかった。勝てた試合だっただけに余計に悔しい。

第2戦はクロアチア戦。勝たないことには始まらない。今、一度の奮起を大いに期待。

|

« 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループD、E第1戦 | Main | 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF・G第1戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/10505261

Listed below are links to weblogs that reference 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF・オーストラリア代表対日本代表(@カイザースラウテルン):

« 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループD、E第1戦 | Main | 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF・G第1戦 »