« 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループE第3戦 | Main | 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループG・H第3戦 »

2006.06.23

2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF第3戦

日本対ブラジル(@ドルトムント)
1対4でブラジルが勝利した。

「2点差以上の勝利で結果待ち」の日本。FWは玉田(#20)と巻(#11)だった。前半、何度もブラジルにシュートを打たれるがGK川口(#23)のファインセーブで得点を許さない。前半34分、三都主(#14)のスルーパスを受けた玉田がニアサイドを打ち抜いて先制、1対0。前半終了間際、ブラジルのFWホナウドにヘディングシュートを決められて同点。後半はブラジルの一方的な試合。MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ(#19)、ジウベウト(#16)が決めてホナウドが2点目を決めて締めくくった。

ジーコが4年間で築いた日本のサッカーを見せることは出来たのだろうか?私は「相手本意ではなく、常に自分達本意のポゼッションサッカー」がジーコのサッカー、と思っている。相手のことを考えすぎて自分達を苦しめていたようにも思う。

日本のドイツW杯は終わった。何が足りなかったのかをよく見極めて「日本が目指すサッカーはこれだ」というものを打ち出して一貫したプログラムで強化して行って欲しい。監督選びも慎重に。

クロアチア対オーストラリア(@シュツットガルト)
2対2の引き分け。勝たなければいけないクロアチア、引き分けでも良いオーストラリアの試合。常にクロアチアが先行する試合だったが、その度にオーストラリアが追いついていった。最後は互いに退場者を出したが激しい試合の終了を告げる笛が鳴った瞬間、歓喜に沸いたのはオーストラリアだった。

この結果によりオーストラリアが2位で決勝トーナメント進出決定。

グループF最終順位:1位ブラジル、2位オーストラリア、3位クロアチア、4位日本

6月26日、カイザースラウテルンでイタリア対オーストラリア、6月27日、ドルトムントでブラジル対ガーナの対戦が決定。

|

« 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループE第3戦 | Main | 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループG・H第3戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/10646822

Listed below are links to weblogs that reference 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループF第3戦:

« 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループE第3戦 | Main | 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会:グループG・H第3戦 »