« 2006年度J2第17節:サガン鳥栖対横浜FC(@鳥栖スタジアム) | Main | 2006年度J2第18節:横浜FC対愛媛FC(三ツ沢公園球技場) »

2006.05.22

スティーブン・トゥイード帰国

横浜FCのDFスティーブン・トゥイード(#4)が家族の健康上の理由で6月末で契約を解除しスコットランドに帰国する、とクラブから発表があった。

G裏の人とトゥイードの話しになると常にこの話になってしまい、ある程度、覚悟していたが実際に発表されると「惜しい選手がいなくなってしまうな・・・」と少し寂しい思いをしている。

トゥイードが横浜FCに加入したのは2004年度シーズンから。入団記者会見では「チームのディフェンスを鍛えたい。今までスコットランドやドイツなどいろいろな国のチームでプレーをし、チームの底上げをしてきました。私は遊びに来たのではなくプレーしに来ました。成功する姿を見せます。頑張っていきましょう」と語っていた。DFラインの中央に位置し練習中も試合中も大きな声でチームメイトに指示を出す姿が印象的な選手。鬼軍曹と呼ばれるトゥイードもファンに呼びかけには気さくに答えてくれる。気は優しくて力持ち。横浜FCが一番、きつい時期を支えてくれた。

横浜FC全体が少しずつ自信を持てるようになり始めた時にチームを離脱しスコットランドへ帰国しなければならなくなってしまった。一緒に昇格戦線を戦えなくなってしまうのは残念だ。でも6月末まで7試合ある。この7試合でトゥイードのプレー、全てを出して欲しい。残り試合、トゥイードのプレーを目に焼き付けよう。

最後にトゥイードからの言葉(公式HPより原文転載)。
「家族の健康状況により残念ながらチームを離れることとなりましたが、チームスタッフ、サポーターの方々のご支援には家族共々心から感謝しております。いつの日か家族が成長し、状態がよくなる日が来ればコーチとして再び、チームにもどれるような日が来れば幸いです。これまで皆の応援、本当にありがとうございました」。

|

« 2006年度J2第17節:サガン鳥栖対横浜FC(@鳥栖スタジアム) | Main | 2006年度J2第18節:横浜FC対愛媛FC(三ツ沢公園球技場) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/10189139

Listed below are links to weblogs that reference スティーブン・トゥイード帰国:

» スティーブン・トゥイード「軍曹」に名誉除隊を命ず [カズアマタノツヅリ]
某掲示板の出所のない噂でもなく、BBCにも出てしまった位の 大きなニュースは我々横浜FCサポを震撼させ、 正式発表を待つだけというまるで断頭台に首を固定され、 刃を落とされるだけの状態で幾日も経過した今日とうとう 一通のメールがクラブより届く。 「トゥイード選手 ..... [Read More]

Tracked on 2006.05.23 at 03:01 AM

» Ephedra. [Ephedra.]
Ephedra. [Read More]

Tracked on 2007.04.29 at 05:22 AM

« 2006年度J2第17節:サガン鳥栖対横浜FC(@鳥栖スタジアム) | Main | 2006年度J2第18節:横浜FC対愛媛FC(三ツ沢公園球技場) »