« 2006年度J2第9節:ベガルタ仙台対横浜FC(@ユアテックスタジアム仙台) | Main | 05-06UEFAチャンピオンズリーグ・準決勝1stレグ »

2006.04.19

2006年度J2第10節:横浜FC対ヴィッセル神戸(@三ツ沢公園球技場)

2006年度J2第10節:横浜FC対ヴィッセル神戸戦が行われ2-1で横浜FCが勝利。キャプテン・城彰二の2得点で逆転勝利。

横浜FCにとっては今シーズン初の平日開催。アウェー・仙台戦から中2日というタイトなスケジュール。仙台戦では守備に新たな光が見え始めていた。この点を継続しつつ、如何にして得点するかがポイントだった。対する神戸は試合毎の好不調があるものの、前節は柏に勝利し調子を上げつつあった。

会社を17時に出てスタジアム到着は18時15分頃。「カクテルパーティー」のブースを横目にG裏へと向かう。「後から来るサラリーマン組、遅れずに付いて来ないとダメだからね」と一同。さらに「5分毎にG裏の人が増えていくな」と一同。18時20分過ぎ、田北GKコーチ、GK菅野(#21)が練習を開始。続いて残りのベンチ入りメンバーも練習を開始。練習中、内田(#10)の顔面にボールが当たりヒヤッとするが事なきを得る。スタメンはGK:菅野(#21)、DF:(右から)智吉(#18)・鄭容臺(#13)・早川(#2)・中島(#27)、MF:山口(#6)・内田(#10)のダブルボランチ・右SH北村(#17)・左SHアウグスト(#8)、FW:城(#9・C)・三浦(#11)。控えはGK:小山(#1)、DF:岩倉(#23)、MF:吉武(#16)、FW:イザイアス(#7)・富永(#20)。トゥイードは今節も欠場したものの、中島が復帰。右SHには北村が先発。対する神戸は出場停止から戻った選手もいてベストメンバー。「仙台で取ってきた勝ち点1、今日勝たないと意味が無い」とG裏。

試合開始早々はお互いに静かな立ち上がり。前半4分、神戸がCKを得る。三浦(淳)(#17)が蹴ったボールは二アサイドでピタリと合ってヘディングシュート。菅野(#21)が何とか防ぐものの、クリアは小さくぺナ内にいた神戸のDF:坪内(#3)の目の前へ。坪内は思い切りよくダイレクトシュート。ボールは菅野の手の先を通過しカバーに入っていた山口(#6)の頭の上を通過し、クロスバーに当たってゴールラインを割り神戸が先制、0-1。G裏は一瞬、静まり返るが「まだ試合は始まったばかりだ。城とカズに得点を決めさせよう」と。前半8分、カズ(#11)が左サイドでボールをもらいDFを交わしてクロスを入れる。クロスにあわせたのは城(#9)。ゴールから逃げる動きでマークを外しほぼフリーの状態でヘディングシュート。GKも逆を付かれて反応できずボールはゴールネットを激しく揺らし1-1の同点。この後はお互い一進一退の攻防が続き前半は1-1で終了。

ハーフタイム時、「今日の城とカズの動きはいつも以上にいいぞ」と。横浜FCはMF内田(#10)に代えてDF岩倉(#23)を投入。鄭容臺(#13)がボランチの位置に上がり、岩倉はCBに入った。神戸の交代は無し。

後半も一進一退の攻防が続くがやや神戸が押していた。右WGの朴康造(#7)、左WGの三浦淳、MF栗原(#8)が基点となって横浜FCを押し込んでいた。横浜FCは我慢して耐える時間が続いた。そして後半36分。カウンター攻撃からMFアウグスト(#8)が右サイドでボールを持ち、左足でクロスを入れる。DFの足に当たりフワッとしたクロスがぺナ内中央にいた城へと通った。DFと競り合いながらヘディングシュートを決めて2-1、横浜FCが逆転。G裏はもう大騒ぎ。神戸側はオフサイドを主張するが判定が覆る事は無い。ロスタイムに神戸がCKを得て、GK荻(#34)も上がって総攻撃をかけるが、荻はGK菅野(#21)に対するファウルで一発退場し試合は終了。

試合開始早々に先制されたが、城(#9)のゴールで同点に追いついた。その後は我慢の時間が続いたが、この時間帯に失点しなかったのが大きかった。少しずつ粘り強くなってきていると思う。攻撃はアウグスト(#8)を上手く抑えられた事もありやや停滞気味だった。それでもカズ(#11)や北村(#17)、途中交代で入った吉武(#16)がカウンター攻撃でよく効いていたと思う。攻撃では内田(#10)が目立たなかった。内田の交代は戦術かそれとも怪我なのかがまだ分からないが、もっと攻守に輝いて欲しい。この試合の城とカズのプレーには鬼気迫るものを感じた。「神戸を見返してやりたい」という思いがそうさせたのかもしれない。私達も「今日は城・カズDAYだ。この2人に絶対、得点を獲らせよう」とずっと言っていたし、同点ゴールはこの2人からだった。2得点の城は怪我を押しての出場。チームを引っ張っていた。次節は累積警告の為に出場停止。これを利用して怪我の箇所を少しでも良いから治して欲しい。逆に次節の草津戦では北村、吉武、イザイアス(#7)、富永(#20)といった前線の選手に出場機会が出来るので練習からアピールして試合で勝利につながる得点を挙げて欲しい。

次節はアウェーで草津戦。J2で楽に勝てる相手は1チームも無い。慢心が全てを狂わす。1試合1試合、緊張感を持って気を引き締めて臨まないといけない。

|

« 2006年度J2第9節:ベガルタ仙台対横浜FC(@ユアテックスタジアム仙台) | Main | 05-06UEFAチャンピオンズリーグ・準決勝1stレグ »

Comments

For more than 15 many years Real Bookies has 2015 effectively assisted bookies from around the world to take bets from thousands of players on the pay per head time frame. Our state-of-the-art bookie software and the commitment from all of our clerks, ranges people, administrators and partners have made our price for each head sportsbook solution one of the fastest increasing and most reliable bookmaking service agency names in the market. Word of mouth is the number reason new visit here agents sign up from RealBookies, which speaks towards the high quality associated with service offered to each agents plus their players. Upon signing up for the Realbookies family, you might receive your own personal assistant that will be presently there to answer any questions you may have in regards to the company and how to grow your company using the pay for each head sportsbook. Joining Realbookies will make your own operation turn out to be par plus level the particular playing 20:07 May 20 industry with the greatest online gaming companies in the world. The gambling software you and your players will be getting is the same by biggest online sportsbooks nowadays.

Posted by: the rx forum | 2015.05.25 at 03:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/9664910

Listed below are links to weblogs that reference 2006年度J2第10節:横浜FC対ヴィッセル神戸(@三ツ沢公園球技場):

» 横浜 vs 神戸(観戦後記) [Hola amigos]
昨夜、横浜の逆転勝利を三ツ沢で観ちゃったおかげで、今日は身体&気持ちがが軽い・軽い、一日でした。 で、昨夜は仕事をそれぞれやりくりしてから三ツ沢に集まった、私のようなサラリーパーソンたちのブログを何件か読ませて頂きました。 外出先から直行アリ、早退アリ、御疲れさまでした。 平成徒然草、 毎日こんなもんです・・・楽しく行きましょ、 まったりとblogを続けましょうか、 皆さん色々とご苦労様でした。 ... [Read More]

Tracked on 2006.04.20 at 12:12 AM

« 2006年度J2第9節:ベガルタ仙台対横浜FC(@ユアテックスタジアム仙台) | Main | 05-06UEFAチャンピオンズリーグ・準決勝1stレグ »