« 2006年度J2第2節:横浜FC対サガン鳥栖(@三ッ沢公園球技場) | Main | 05-06UEFAチャンピオンズリーグ:準々決勝組み合わせ決定 »

2006.03.13

チャンピオンズリーグ:決勝トーナメント組み合わせ決定

50-06UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント組み合わせ抽選会が10日、パリで行われた。

最初に決まったのはアーセナル対ユヴェントス。イングランドの悩める強豪と今シーズンのカルチョを独走している名門。ユーヴェのパトリック・ビエラ(#4)は古巣との対決。プレミアはほぼ終了しているのでアーセナルはビッグ・イヤー獲得にモチベーションを挙げてくるだろう。果たしてユーヴェ有利の評価を覆すことが出来るか?

次に決まったのはオリンピック・リヨン対ACミラン。フランス王者と2年連続ファイナリスト。昨シーズンの雪辱を晴らし、評価がますます高まっているリヨン。1stレグはジュニーニョ・ペルナンブカーノ(#8)が出場停止と少々、厳しい。ミランはDF陣に不安を残すもののフィリッポ・インザーギ(#9)を筆頭にFW陣が好調を維持。ジェンナーロ・ガットゥーゾ(#8)も復帰しミランが若干、有利か?

3番目はアヤックス-インテルの勝者対ビジャレアル。スペインのイエローサブマリンが無敗でここまで勝ち上がってきた。得点が少ないのが目に付くが守備は安定しているし、レンジャース戦の様に乱戦でも勝てるチームだと思う。インテルはアドリアーノ(#10)が復調の兆し。組織力のアヤックスにも勝機があるので微妙。

最後にベンフィカ対FCバルセロナ。ロナルド・クーマンとフランク・ライカールト。同じ時代にオランダを引っ張った名選手が監督としてリベリア・ダービーを戦う。1stレグはカルレス・プジョール(#5)が出場停止。リオネル・メッシー(#30)が戦線離脱。ベンフィカはマンチェスター・U、リバプールFCを撃破し今大会のダークホース。赤一色に染まるルスでは滅法強い。バルサは1stレグを乗り切れば、というところ。

前回大会、リバプールFCが通算5度目の優勝を果たしたことによりビッグ・イヤーを永久保持する権利を得た(永久保持の権利は5度の優勝か3連覇を果たしたクラブに与えられる)。ということで新しいチャンピオントロフィーが紹介された。新しいビッグ・イヤーをパリで掲げるのはどのチームか。

もちろんFCバルセロナであって欲しいです。

|

« 2006年度J2第2節:横浜FC対サガン鳥栖(@三ッ沢公園球技場) | Main | 05-06UEFAチャンピオンズリーグ:準々決勝組み合わせ決定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/9067461

Listed below are links to weblogs that reference チャンピオンズリーグ:決勝トーナメント組み合わせ決定:

« 2006年度J2第2節:横浜FC対サガン鳥栖(@三ッ沢公園球技場) | Main | 05-06UEFAチャンピオンズリーグ:準々決勝組み合わせ決定 »