« January 2006 | Main | March 2006 »

2006.02.27

プレシーズンマッチ:横浜Fマリノス対横浜FC(@日産スタジアム)

プレシーズンマッチ:横浜Fマリノス対横浜FC戦が行われ4-0で敗戦。全ての面で相手のほうが上でした。

Jリーグ開幕1週間前。最後の実戦であるプレシーズンマッチ。相手は横浜Fマリノス。「J1優勝~その先」を見据えているビッククラブと「J1昇格」を見据えているクラブ。試合には当然、勝ちたいが、「差」も確かめたい、という気持ちもあった。

雨の中、スタジアムに到着したのは9時頃。待機列ではなく屋根のある場所へ移動して待機。相手が横浜Fマリノスで1週間前という事もありで気持ちが少々、高ぶっていた。新しい応援歌を発表。「フリエ フリエ 起こせ ハマの友よ フリエ フリエ 青と白の革命を」。11時に入場。

ダンマクを張ってダンマクを仕込んで屋根の下で休む。12時40分過ぎに田北GKコーチ、GK菅野(#21)、小山(#1)が練習を開始。続いてフィールドプレーヤーが練習を開始。「2006年度シーズンは結果を出してくれ」という事で「アダチ!アダチ!」。スタメンはGK:菅野(#21)、DF:(右から)金澤(#25)・トゥイード(#4)・鄭(#13)・中島(#27)、MF:ボランチに山口(#6)・右にイザイアス(#7)・左に吉野(#14)・トップ下に内田(#10)、FW:城(#9・C)・三浦(#11)。4-4-2のダイヤモンド型、もしくは4-5-1で城の1トップの布陣。

試合開始から横浜Fマリノスのペース。横浜FCがシュートを打てたのは4本。枠内シュートは3本でイザイアスのシュートが一番、得点の可能性があった。が、得点することは出来なかった。この日も右SBの金澤(#25)が狙われていてトゥイード(#4)がそのカバーにまわる事が多かった。そうなれば中央~逆サイドにスペースが出来てしまい、人数が足りなくなる。この点を相手にあっさりと突かれた。失点のうちトゥイードが抑えていれば、という失点は3点。特に1失点目はもったいなかった。それに失点して気持ちを切り替えられないところも昨年と全く同じ。「特効薬」は無いのでしょうが、「絶対に負けない、追いついてみせる」と言った気持ちが見れなかった様に思った。

個々の選手の技術はもちろん、連携、各ユニットごとの戦術、チーム戦術・・・。何から何まで相手のほうが上。一番、差があったと思うのは「先にボールに触る」という部分。「動き出しの質」にも通じていくんだろうと思いますが、相手より先にボールに触る、相手より先に良いポジションをとる、ということの大切さ、と改めて感じた。

今シーズンのG裏、「新しいカタチ」を模索することとなり、その初戦。試合後、振り返ってみて色々と反省点・課題が出てくる。1つ1つ修正しながら進んでいくしかない。

2006年度Jリーグ開幕は3月4日。アウェーで昇格してきた愛媛FCと対戦。チーム・サポーター共にしっかりと準備して開幕戦に備えなければならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.25

開幕1週間前

2006年度Jリーグ、開幕1週間前。横浜FCは2月26日に横浜Fマリノスとのプレシーズンマッチを戦う。この試合で「2006年度シーズン仕様」のチームがお披露目される。

結果を恐れず戦え。G裏で声を出して戦う私もこの心得を肝に銘じて戦って行く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DRAGON GATE:TRUE GATE(@後楽園ホール)

DRAGON GATEの後楽園ホール大会を見に行って来ました。

今回のPPVゲストは猫ひろし。第1試合はB×BハルクとマグナムTOKYOの「ダンス対決」。マグナムはダンスの決めポーズで猫ひろしの「ニャー!」を披露。猫ひろしも嬉しそうでした。ジャック・エバンスの鳥人っぷりが凄かった。

ブレイブ。リーグ戦は谷嵜なおきがドラゴン・キッドに勝利。谷やん弾けてます。吉野対土井は時間切れ引き分け。手加減無しのバチバチした試合。その中で封印していた「フロム・ジャングル」、「ソル・ナシエンテ」や「カンパーラ」といったジャベを出していたので見ていて面白かった。

セミファイナルは望月、横須賀対CIMA、ドン・フジイ。レフェリーは神田裕之。で、試合前に神ちゃんをタコ殴り→レフェリング不能に。「八木、お前でいいからやれ」と望月。試合はフジイさんがナイス・ジャーマンで望月から3カウント。さらに暴行を加えると、M2Kの神田裕之がブルーボックスを持って登場。社長に試合出場を直訴する。CIMAは「オリジナルM2Kでやるならダークネス・ドラゴンとチョコフレークK-ICHIをつれて来い」と言い放つ。社長が連れてくる、と話し来月のホールで一夜限りのM2K復活。

メインはマグニチュード岸和田対斉藤了のオープン・ザ・ドリームゲート選手権試合。序盤は斉了が兄さんの左腕を集中攻撃。その後、兄さんが盛り返して互角に。ラスト・ライド3発も喰らった斉了だが一瞬の隙を突いて反撃。ミレニアム・ブリッジで勝利。

今大会はセミファイナルがメインを食ってしまった感じ。私はM2Kが大好きなのでオリジナルM2Kの復活は嬉しい。その反面、「一夜だけ時間を戻す事を許して」とも思っている。神ちゃんの首も心配だし。チョコフレークK-ICHIが来る事が条件だけど、社長やモッチーが連れて来てくれる。とことんオリジナルでこだわるなら「望月享」も一夜限りの復活をして欲しいな、と。

で、来月のホールも参戦決定。神ちゃん、無理はしないでね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.23

UEFAチャンピオンズリーグ2006・ベスト16第1節:チェルシーFC対FCバルセロナ(@スタンフォード・ブリッジ)

UEFAチャンピオンズリーグ2006・ベスト16第1節:チェルシーFC対FCバルセロナは1-2でFCバルセロナが先勝。自分はバルサクレですが正直、「1-0かな」と思ってました。勝ててかなりうれしい・・・。

前半にチェルシーDFデル・オルノ(#3)が退場して、FWジョー・コール(#11)も代えてMFジェレミ(#14)を投入。これでチェルシー、バルサ共にこの試合の進む方向をしっかりと決めたと思う。FWドログバ(#15)とFWロッベン(#16)を軸に堅守速攻のチェルシー、FWロナウジーニョ・ガウショ(#10)を軸に攻めまくるバルセロナ。

先制したのはチェルシー。FKでMFランパード(#8)がDFジョン・テリー(#26)に早いクロスを入れる。MFチアゴ・モッタ(#3)とGKビクトール・バルデスの連携ミスからチアゴ・モッタの右足にボールが当たりそのまま無人のゴールへ。その後、重馬場要員のMFチアゴ・モッタに代えてFWラーション(#7)を投入。FWエトー(#9)が左サイド、ロナウジーニョ・ガウショがトップ下。その下にデコ(#20)とMFエヂミウソン(#15)。さらにDFジオ(#12)代えてDFシウビーニョ(#16)が入りそのまま左SB。

ラーションがテリーの裏を狙う動きを何度も見せ、流れが少しずつ変わり始める。バルサがFKを得て、ロナウジーニョ・ガウショが早いボールでDFマルケス(#4)にあわせる。実際にボールにあわせたのはマルケスについていたチェルシーのDFジョン・テリー。GKツェフ(#1)でも弾き出せずゴールネットを揺らす、1-1の同点。その後、メッシー(#30)のシュートはクロスバーに当たり、身体能力の差でドログバにシュートを許すが枠外へ。

その直後、バルサのカウンター攻撃。エトーが空けた左サイドのスペースにラーションが走りこみロナウジーニョ・ガウショがパス。シンプルにキープしてフォローしてきたマルケスへ。マルケスはダイレクトでクロスを入れる。GKツェフとDFパウロ・フェレイラ間のわずかなスペースにエトーが走りこみ点であわせるヘディング。ゴールネットを激しく揺らして1-2、逆転。最後は試合をスローダウンさせて試合終了。

アウェーで勝利し2得点できたことはアドバンテージ。あとは監督采配だけ。A・マドリード戦の様な試合にならないように気を付けるだけ。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

AFCアジアカップ2007予選大会・第1節:日本代表対インド代表(@横浜国際総合競技場)

AFCアジアカップ2007予選大会・第1節:日本代表対インド代表戦が行われ6-0で日本代表が勝利。連覇へ向けてスタートした。ジーコ監督就任100ゴールは小野伸二(#18)だった。

「アジアカップ予選」と言うより「W杯へ向けてのサバイバルレース」的な様相を見せていたインド戦。試合結果もそうだが内容や選手個々のアピールなどが注目だった。

仕事を終えてスタジアムに到着したのは18時30分過ぎ、戦仲間と合流。すぐに選手が練習の為にピッチに登場。初先発の長谷部(#36)に声援が飛ぶ。練習終了後、新曲を歌う。スタメンはGK:川口(#23)、DF:(右から)加地(#21)・宮本(#5・C)・中澤(#22)・三都主(#14)、MF:福西(#15)・小野(#18)・小笠原(#8)・長谷部(#35)、FW:久保(#9)・巻(#36)。

試合は日本代表の一方的なペース。しかし、組み立てのパス交換でつまらないミスを連発。スタンドからはブーイング。さらにインド代表のGKが当たり始めたので少しずつ変な空気に。すると、相手DFが小野がいることに気付かずヘディングでGKへパス。このボールが小野へのパスになって難なくゴールを決めて日本先制、1-0。その後FKからヒヤリとさせられるが失点せず前半終了。後半になってパスミスが減り、さらにインド代表のスタミナが落ちてきたこともあり前半以上に一方的な試合。久保が2得点、巻、福西、佐藤(#37)が得点し6-0で試合終了。

インド代表が相手とは言え、久保がフル出場したことは大きいと思う。初先発で期待されていた長谷部は随所に長谷部らしいプレーを見せてくれたが、何か「突き抜けるようなインパクト」を残すまでには至らなかったと思う。巻と佐藤も得点でアピールは出来たと思う。久保と合いそうなのは佐藤のような気もする。DFは4バックの確認。

3試合戦って試合勘も戻ったと思う。28日のボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦では良い面も悪い面も両方、出て欲しい。「W杯の一次リーグ突破までの距離感」を計って欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.22

練習試合:横浜FC対神奈川大学

仕事の折り合いを付けてしんよこFPで見てきました。結果は公式HPでの発表の通り3-2。城と富永が得点。神奈川大学のユニが黒だったので「審判?」とマジで勘違い。

ルイスと話してきました。強面ですが笑うとかわいい22歳でした。

プレシーズンマッチまであと4日、開幕まではあと10日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.20

UEFAチャンピオンズリーグ2006:ベスト16

2月21日、22日からUEFAチャンピオンズリーグ2006が再開される。チェルシーFC対FCバルセロナのプレビューでも。

チェルシーFC対FCバルセロナ(@スタンフォード・ブリッジ)
昨年のクォーターファイナルの再戦。昨年は5-4でチェルシーが勝利している。タイトなスケジュールのバルセロナ。連敗しチーム状態もやや停滞気味。そんな中、不運な出場停止を受けたロナウジーニョ・ガウショ(#10)が2月18日の対ベティス戦で復帰し快勝。試合勘も戻り万全の状態でチェルシー戦を迎える。ただ、ゲームメーカーのシャビ(#4)が出場できないのでエヂミウソン(#15)が入る。右サイドはメッシー(#30)の先発が予想される。チェルシーはピッチを意図的に改善しないので馬力があるジュリー(#8)も選択肢の1つ。右SBにオレゲール(#23)が入りロッベン(#16)と勝負。

チェルシーは直前にFAカップを戦って第1戦を迎える。1週間休んでいるので休養十分、試合勘はFAカップ(対Colchester United)戦)で戻るものと思われる。第1戦ではエシアンが出場停止。恐らくグジョンセン(#22)が入ると思われる。CFはドログバ(#15)、クレスポ(#9)共に好調。恐らくドログバか?

第1戦はバルセロナが苦手な重馬場で戦わなければならない。その上でチェルシーは中盤で肉弾戦を展開してくると思われる。戦力は互角だが(悔しいが)若干、チェルシー有利だと思う。ライカールトが手塩にかけて熟成させたチームだが、W杯後のダウンは発生すると思うのでバルセロナは今年が最大のチャンス。とにかく勝って欲しい。

それ以外の注目試合はリヨン対PSVですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006:日本代表対フィンランド代表(@静岡スタジアム)

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006:日本代表対フィンランド代表戦が行われ2-0で日本代表が勝利。久保(#9)の得点は今後の好材料。

スポーツ・バー(?)で見てました。事前に「国歌斉唱は川平慈英だ」という情報を聞いていたので特に驚かなかった。試合は明らかに格下のフィンランド代表が相手、と言う事で「3-0ぐらいで勝てるだろうな」と思ってみてました。

結果は2-0でしたがヒヤリとする場面は皆無。アメリカ戦よりコンディションが良さそうに見えた久保(#9)が得点した事は今後につながると思う。ただクロスのバリエーションを前半から出して欲しかった。

インド戦では結果を残した上で積極的な選手起用をして欲しい、と思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.17

練習試合:横浜FC対水原三星ブルーウィングス

練習試合:横浜FC対水原三星ブルーウィングスが行われ(45分×2)、合計スコアは0-4。

今日の午前中で熊本キャンプは終了。大津高校相手に4得点、それ以外は無得点。本当に大丈夫なのか・・・?練習試合とはいえ「結果」が出ていないので不安。たとえ「内容」に手ごたえを感じていても、見ることが出来ず結果しか知らない私は不安だ。

2月20日(月)からしんよこFPで練習再開する。開幕戦まで2週間。しっかり仕上げて欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.16

練習試合:横浜FC対コンサドーレ札幌

練習試合:横浜FC対コンサドーレ札幌が行われ(45分×3)、合計スコアは0-3だった。

出場メンバー・内容も分からない。キャンプの成果はどうなんだろう・・・?明日で熊本キャンプは終了。最後に韓国Kリーグの競合、水原三星ブルーウィングスとの練習試合。「シーズンにつながる何か」をつかんで欲しい。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2006.02.15

正・副キャプテン発表

今シーズンのキャプテンはFW城彰二(#9)、副キャプテンはDFスティーブン・トゥイード(#4)、MF吉野智行(#14)と発表されました。と、言っても昨日発売のサッカー雑誌で既に発表されてました・・・。

3人のコメント(公式HPより転載)
FW城彰二(#9)
「キャプテンを務めるのは3季目となりますが、個人、チームともに真価が問われる一年になると思います。そういう意味でも、J1昇格という明確な目標に向かって、選手兼監督補佐の三浦選手と連携を取りながら、グラウンドの中で精一杯、チームを引っ張っていきたいと思います」

DFスティーブン・トゥイード(#4)
「副キャプテンになったからといって、これまでとは何も変わらないと思っています。自分がやらなくてはいけないことは、プロのサッカー選手としてチームの勝利に貢献すること。どんな立場であっても、やるべきことをやるという気持ちでシーズンを戦っていきます」

MF吉野智行(#14)
「年齢的な位置づけとしては、中堅選手に当たるかもしれませんが、経験のある選手と若手選手のパイプ役となる仕事をしていかなければいけないと思っています。これまでの自身の経験をチームに生かせるように、チーム全体の底上げを図っていきたいと思います」

最後に足達監督のコメント(公式HPより転載)
「城選手にはキャプテンとして、あらゆる面で期待をしています。クラブのことを一番、知っており、我々がやろうとしている戦術も理解している。選手からの信頼も厚く、J1昇格を目指して行く上で、彼の持ち合わせるキャプテンシーはこのチームには不可欠なものだと思っています。副キャプテンの2名については、トゥイード選手には、彼のどんな状況でも戦う姿勢を失わないDNAをチームに注ぎ込んでほしいと思っています。吉野選手は、キャンプを通じて、サッカーを熟知し、人間的にもバランスの取れた素質ある選手という印象を受け、キャプテンのサポートをして、チーム全体のバランスを保ってくれることを期待しています」

熊本キャンプも16,17日の2日間を残すのみ。練習試合やプレシーズンマッチは「スコア」だけ見ると結果が出てないな、という印象。しっかりと仕上げてもらわないと本当に困ります・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.14

山尾光則引退

正式発表されました。「非契約更新選手リスト」に載っていないのに練習にも参加していなかった山尾光則。引退が正式発表され愛知FCのコーチに就任する事となった。

出身クラブで素晴らしい選手を育てて欲しい。

| | Comments (24) | TrackBack (1)

2006.02.13

フラッグ完成

2006年度シーズンに振るフラッグが完成。

出来てすぐに家の前で振りました(その時、23時)。Lフラッグよりやや大きめのサイズですが長めの塩ビで振るので楽に振れました。

初めて作ったのですが、良い出来栄えです。と言っても縫ってくれたのは連れなので感謝しまくってます。

2月26日(日)デビューです。

追記:MITSUZAWAゲーフラも製作開始。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プレシーズンマッチ:ロッソ熊本対横浜FC(@大津町運動公園内球技場)

プレシーズンマッチ:ロッソ熊本対横浜FC戦が行われ1-0でロッソ熊本が勝利。

内容は全く分からないのですが、色々な人の話を聞くと「全然ダメだった」らしい。スタメンをかなり変えているので仕方の無い部分なのかもしれない。

とにかく照準は3月4日(土)の開幕戦なのでしっかりと仕上げてもらわないと困ります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

テストマッチ:アメリカ代表対日本代表

サッカーのテストマッチ:アメリカ代表対日本代表戦が行われ3-2でアメリカ代表が勝利。

「今年に入ってテストマッチ3試合を戦っているアメリカ」と「テストマッチ初戦の日本」。日本代表の試合勘の差が綺麗に出た試合だったし、1人1人の動きも重く見えた。アメリカがロングボールを使って日本のDFラインを下げさせて、システム上では数的不利のアメリカが中盤での優位を保った。攻撃でも久保(#9)にボールが収まらず小笠原(#8)・小野(#18)もボールに絡む回数が少なすぎた。選手交代で巻(#16)が入ったことによって攻撃は活性化された。ドイツに間に合うかどうか分からないが巻のプレーは好材料だと思う。

一番、疑問に思ったのが川口(#23)のゴールキック。前半は押し込まれる事が多く日本がボールをキープする時間帯が少なかった。その中で「ゴールキックを簡単に蹴ってしまうのはどうなんだろう?」と思った。久保が競り勝てずセカンドボールもアメリカに拾われている状態ならば、「大きく蹴らずに3バックの誰かにパスを出すのも方法ではないか?」と思った。マイボールは大切にしたほうがいいと思った。

とにかく「修正→実戦→修正・・・」の連続だが、本大会にしっかりと仕上げて欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006一青窈コンサートツアー(@中野サンプラザ)

2月11日土曜日、「2006一青窈コンサートツアー」を連れと中野サンプラザに聞きに行って来ました。

3rdアルバム「&」を中心に20曲ほど。途中、本人が涙ぐむ場面もあり、さらにその流れで「ハナミズキ」を歌う。連れは号泣。お互いを「ヒトト・タツロウ」と呼び合うコンビの「大家」も聴けたし、「一青窈ワールド」を楽しんだ2時間でした。

衣装でも私を良い意味で裏切ってくれた一青窈。またコンサートに行きたくなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.10

練習試合:横浜FC対大津高校

熊本キャンプ4日目。大津高校との練習試合が行われた(20分ハーフ×4)。合計スコアは横浜FC4-0大津高校だった。得点者は城が2得点、富永と秋葉が共に1得点。

「今シーズン、監督がどのようなサッカーをやりたいのか」と浸透させる為のキャンプなので結果に対して過度に敏感にならなくてもいいのではないか、と思う。ただ、(矛盾してしまうが)「勝ち癖」は付けていって欲しいな、とも思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.09

熊本キャンプ

横浜FCは熊本でトレーニング中。J’s GOALにそのレポートが乗ってます。

別メニューだったFW城彰二(#9)も全体練習に復帰。戦術の徹底と熟成をしてもらわないと。しっかりとしたセンターラインを作って欲しい。中心が決まれば自然と両サイドも決まってくる。

写真はこちら。

※明日は横浜FC・ホームゲームのチケット発売日です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.08

富樫洋一氏、死去

サッカージャーナリストで「ジャンルカ・トト・富樫」こと富樫洋一氏が亡くなられました。

生粋のインテリスタで「セリエA」の面白さを私に教えてくれた。セリエAだけでなく世界各国の渋いサッカー情報を常に発信していた。昨年6月のFCバルセロナ・ツアー・オブ・ジャパンの時、横国で見たのが最初で最後でした。その時は富樫さんが記者席にいたトニーさん&ジローラモさんのところに行って談笑。私は「あ!ジャンルカさんだ」と声を出して富樫さんに手を振ってました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

追記:スカパーのフィオレンティーナ対インテルの生放送。冒頭に富樫洋一さんを偲ぶ映像が流れたときには泣きそうになりました。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

2006.02.03

今年も作ります

三ツ沢限定ゲートフラッグ。昨年のゲーフラは文字が少し小さかったので作り直し。若干、変更箇所がありますが昨年と内容は同じです。

今年はフラッグも作る予定。Lフラッグよりも大きいサイズになる予定。

2月26日までに完成させないと・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.01

新加入選手8&熊本キャンプ

A.A.ポンチプレッタ(ブラジル)よりFWイザイアス選手の期限付き移籍加入、サントスFC(ブラジル)よりパイサンドゥ(ブラジル)に期限付き移籍中のMFアウグスト選手が期限付き移籍加入することが決定。共に移籍期間は2006年2月2日から2007年1月1日まで。

今週発売のサッカーダイジェストに写っていた外国人選手。イザイアスが7番、アウグストが8番をつける。

熊本キャンプの日程が発表された。練習試合は5試合で札幌、ロッソ熊本、Vファーレン長崎、大津高校、水原三星。水原三星とはどこで試合をするのだろう・・・?

とにかく開幕にしっかりと仕上げてきてくれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »