« FIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップ ジャパン2005:1回戦 | Main | 最近の事でも »

2005.12.16

仰木彬氏が急死

西鉄ライオンズの名二塁手で、近鉄バッファローズ、オリックス・ブルーウェーブ、オリックス・バッファローズの監督を歴任した仰木彬氏が急死。70歳でした。

個々の選手の素質を見極めることに長け、巧みな采配でチームを勝利に導いた名監督でした。ご冥福をお祈り申し上げます。

|

« FIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップ ジャパン2005:1回戦 | Main | 最近の事でも »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/7646601

Listed below are links to weblogs that reference 仰木彬氏が急死:

» 球史に名を残す名将の訃報 [資格取得とその後の人生について考えるブログ]
ご訪問ありがとうございます。 記事を読んでいただく前に・・・ Blogランキング  ← 今の順位を是非ご覧ください。 訃報が飛び込んできた。 前オリックス監督の仰木彬さんだ。 体調を崩されていたとは、全く知らなかった。 千葉ロッテマリーンズ... [Read More]

Tracked on 2005.12.16 at 09:50 AM

» 名将、仰木マジック永遠なれ。 [オガチャン的ライフ]
野球ファンにとって仰木監督の訃報にびっくりした。そして悲しくもあり涙もした。なんで!!という声がまず第一声だった。 イチロー、野茂の育ての親として名将は球界にとってなくてはならない存在だった。稲尾、豊田、中西と三原監督のもと西鉄の黄金期を支えてきた。ベースボールの楽しさ、怖さをとても知っている監督だった。「ベンチを出て外から野球を勉強したいなんて嘘だよ。」と常に現場主義を唱えていた。三原監督はそんな仰�... [Read More]

Tracked on 2005.12.16 at 10:17 AM

« FIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップ ジャパン2005:1回戦 | Main | 最近の事でも »