« 練習参加 | Main | しびれた一振り »

2005.09.24

2005年度J2第33節:横浜FC対ザスパ草津(@江戸川区陸上競技場)

2005年度J2第33節:横浜FC対ザスパ草津戦が行われ1-0で勝利。もっともっと取れた試合でした。

横浜FC恒例の「東京シリーズ」。第1戦は江戸川区陸上競技場でザスパ草津と対戦。西葛西駅で三ッ沢な方と合流して、スタジアム到着は9時40分頃。三ッ沢な方が2人、待ってました。開門まで練習見学での出来事やスタメン、ユースの事などを話して過ごす。開門前ミーティングは行わず12時30分開門。

開門後はダンマクを貼って一休み。1時間30分前開門だったのであっという間に選手が練習を開始する。100試合出場となるGK菅野(#21)には大きな声援。トゥイード(#4)やシルビオ(#6)、カズ(#11)にも大きな声援。富永(#3)には爆勝宣言に乗せ、拳を作って低い声で「富永!富永!」。

スタメンはGK:菅野(#21)、DF:(右から)早川(#5・C)・トゥイード(#4)・浮氣(#31)・中島(#27)、MF:内田(#10)・山口(#30)のダブルボランチ・右SH北村(#17)・左SH吉武(#8)、FW:富永(#3)・三浦知(#11)。控えはGK:小山(#1)、DF:智吉(#7)、MF:シルビオ(#6)・信義(#18)・貞富(#29)。出場停止の城に代わって富永(#3)が入った。主力3人が出場停止の草津、しっかり勝たなければならなかった。

キックオフ前に話した事。「東京シリーズ、始まりました。僕達は立って声を出して気持ちを選手に伝えます。横浜FCの勝利を願っている皆さん、立って声を出さなくても手を叩いて選手に気持ちを伝える事は出来るのでどうか手を叩くだけでもいいのでお願いします。そして立って声を出そう、と思っている方、どんどんこのあたりに来てください」。

試合開始からペースを握る横浜FC。両SHの北村(#17)・吉武(#8)が果敢にドリブルで仕掛けていく。しかしクロスの精度もそうだが、ぺナ内に富永(#3)とカズ(#11)の2人しかいない。そのうち草津にサイドで基点を作られて中央にスペースを作られる。DFがズルズル下がり始め、ボランチのラインも下がり始める。草津がボールを支配し続けるが菅野(#21)のファインセーブで草津に得点を許さない。そして前半43分に得たFK。内田(#10)が蹴ったボールに合わせたのはトゥイード(#4)、1-0。前半は1-0で終了。

ハーフタイム時、「もっともっと集まって声を出さないといけない」と。

後半は終始、横浜FCが主導権を握って試合を進めていく。しかし、富永(#3)が打ったシュートはゴールラインを割るか割らないかのギリギリの所で草津DFにクリアされる。富永のポストプレーで抜け出し、GKとの1対1の場面になったカズ(#11)のシュートはゴールバーの上を通過。その後も決定機を作り出すが内田の5人抜きシュートもカズのループシュートも富永のシュートも草津のGK岩丸(#29)のファインセーブで得点できず。草津の攻撃も空中戦ではトゥイード、浮氣(#31)のカバーリング等々で危なげなく守りきり試合終了。

富永(#3)だが競り勝てなかった前半、後半も途中から機能し始めるが・・・。最初からFWとしてプレーするには力不足ではないか、と思う。バタバタしすぎるし動けてないし・・・。パワープレー時の投入やCBでのプレーの方が良いとは思う。本職のFWは何をやってるんだ!監督は智吉(#7)と貞富(#29)を後半35分過ぎから交代要員として待たせていた。「戦術的な交代」ではなく「時間稼ぎ的な交代だろうな」と思ってました。守備にやや難があるシルビオ(#6)を投入し辛いのかもしれない。なら富永と代えればいいのでは?、と思っていた。代表ではSBとしてプレーしているシルビオ。戦力としてもっと使わないともったいない。

とにもかくにも、次の甲府戦。勝たないとこの勝利の意味が無い。

|

« 練習参加 | Main | しびれた一振り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/6100494

Listed below are links to weblogs that reference 2005年度J2第33節:横浜FC対ザスパ草津(@江戸川区陸上競技場):

« 練習参加 | Main | しびれた一振り »