« 総入れ替えですか・・・。 | Main | 山形戦について »

2005.08.04

第2回東アジア選手権:日本代表対中華人民共和国代表(@韓国・大田スタジアム)

第2回東アジア選手権:日本代表対中華人民共和国(以下、「中国」とさせて頂きます。ご了承下さい)代表戦が行われ2-2の引き分け。

先発メンバー11人の総入れ替えを行なって臨んだ第2戦。前半からハイペースで飛ばす日本代表に中国代表は跳ね返すことしか出来ていなかった様に思える。その中でCFでボールが上手く入った時にはカウンターアタックを仕掛け、得点できないまでも「シュートで終わる」形を見せていた。日本も右WBに入った駒野(#17)の攻撃参加で何度も「惜しい」という場面を創り出せていた。日本の足が止まり始めて来た時に中国の先制点が決まった。この失点は精神的にきついと思う。

2失点を許し、阿部(#30)のFKから1点差として「もう2点、取ってみろ」という気持ちで見ていた。が、ここで見せてくれたのは横パス・バックパス。FW巻(#9)が途中交代し、「分かりやすい前線のターゲット」がいなくなってしまったことも影響があるのかもしれないが・・・。「1点負けてるんだろ?こういう時はどうするんだ?どうしたいんだ?動いてスペースを作って、もっとリスクを負って攻撃していかないといつまで経ってもこのままだぞ。疲れているのは相手も一緒だぞ」と思いながら見ていた。で、田中達也(#27)の同点ゴール。これ以後、試合は動かなかった。

この試合をみて田中達也と駒野友一の2選手はスタメンでもう一度、見てみたい。達也のスピードは戦力になりそうな予感(このままで良いのか、玉田?)。駒野は手薄と言われているWB(SB)として、定位置確保の争いに割り込めると思う。その為の試験、として韓国戦のスタメンを期待。

東アジア選手権もあと1試合。何かを掴んで帰って来て欲しい。今はただそれだけを願うのみです。

|

« 総入れ替えですか・・・。 | Main | 山形戦について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/5304359

Listed below are links to weblogs that reference 第2回東アジア選手権:日本代表対中華人民共和国代表(@韓国・大田スタジアム):

« 総入れ替えですか・・・。 | Main | 山形戦について »