« OFC クラブチャンピオンシップ 2005 決勝戦:シドニーFC対ASマジェンタ(@タヒチ・パテル競技場) | Main | FamilyMart DREAM MATCH FCバルセロナ・オン・ツアージャパン2005:横浜F・マリノス対FCバルセロナ(日産スタジアム)① »

2005.06.16

第29回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18) 関東2次リーグ:横浜F・マリノスユース対横浜FCユース(しんよこフットボールパーク)

第29回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18) 関東2次リーグ:横浜F・マリノスユース対横浜FCユース戦が行われ10-0で横浜F・マリノスユースが勝利。実力の差がありました。

6月12日、しんよこFPでユースのダービーマッチ。この日は16時から横浜F・マリノス対FCバルセロナ戦を見るので朝から新横浜に行きました。しんよこFPの到着は9時30分。到着した時、トップチームも試合があると言うのに横浜F・マリノスのサポーターはそれ程いない。横浜FCのサポーターは1名でした。グラウンドでは両チームの練習が始まっていました。「後藤監督・眞中コーチ」として見るのは初めてだったので新鮮でした。9時45分頃になると、G裏の方が集合。土手に弾幕を貼ろうとすると、土手の真ん中に相手の弾幕が・・・。結局、ベンチ裏のスロープの手すりに弾幕を括り付けて、スロープから応援。結果的に横浜FCユースのベンチ裏だったので良かったのかも。

試合開始当初は互角の戦いでした。ウチもユースも何度も相手陣内に攻め込みますが、ウチが左サイドから攻めると階段で肝心な場面が見えない。それでも「ヨコハマ!」コールを連呼。しかし少しずつ押し込まれて先制を許す。それ以後は完全な横浜F・マリノスペース。さらに3失点で4-0。ウチのユースのGKがミスをしてCKを与えてしまった時、横浜F・マリノスのサポーターから「ヨコハマ!」。すかさず本物の「ヨコハマ!」を上から被せる。

ハーフタイム時、「後半はダイレクトに声を伝えよう」という事でG裏へ移動。すると「G裏は駄目なんです。サイドに行って下さい」とボールボーイ(=マリノスユースの選手)。ならばと横浜F・マリノスユース陣内のコーナーフラッグ付近でダイレクトに声を伝える。後半開始直後こそはウチが押し込むが実力の差が顕著に現れて大量失点。結局、10-0で試合終了。

試合終了後、後藤監督が「行くぞ」と伝え、全員が私達の前に来て挨拶に来ました。「まだダービーはあるんだぞ。下を向かず、前を向いて行こうぜ!」と私を含めてみんなで叱咤激励、そして「ヨコハマ!」コール。選手達は悔しさもあり、ダービーにおける私達のテンションに応対しきれていない部分もあり・・・、という感じの様子でした。相手は体が一回り大きかったし、強かった。「強い相手と戦って負けた」という事で終わりにするのではなく、「次こそは勝ってやる」という気持ちを常に持ち続けて練習を続けていって欲しい。

最後に監督が「応援、ありがとう」と声を掛けてくれました。「ごっさん、頑張れ。凄い選手を育ててくれ」とみなさん。「1対1で負けてたまるか!」という姿勢が少しでも見る事が出来た試合。私はそれだけでも嬉しかった。その気持ちは一番、大切なものだと思うから。

|

« OFC クラブチャンピオンシップ 2005 決勝戦:シドニーFC対ASマジェンタ(@タヒチ・パテル競技場) | Main | FamilyMart DREAM MATCH FCバルセロナ・オン・ツアージャパン2005:横浜F・マリノス対FCバルセロナ(日産スタジアム)① »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/4579880

Listed below are links to weblogs that reference 第29回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18) 関東2次リーグ:横浜F・マリノスユース対横浜FCユース(しんよこフットボールパーク):

« OFC クラブチャンピオンシップ 2005 決勝戦:シドニーFC対ASマジェンタ(@タヒチ・パテル競技場) | Main | FamilyMart DREAM MATCH FCバルセロナ・オン・ツアージャパン2005:横浜F・マリノス対FCバルセロナ(日産スタジアム)① »