« UEFAチャンピォンズリーグ決勝戦 | Main | 2005年度J2第14節:水戸ホーリーホック対横浜FC(@笠松陸上競技場) »

2005.05.28

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンカップサッカー2005 -Go For 2006!-:日本代表対アラブ首長国連邦代表(@国立霞ヶ関競技場)

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンカップサッカー2005 -Go For 2006!-:日本代表対アラブ首長国連邦代表(以下、「UAE代表)」戦が行われ0-1でUAE代表が勝利。カウンターからの失点・・・。

出勤前、国立に寄って並び&座席確保をしてくれる仲間に挨拶。スーツ姿は私を含めて4人。「そのまま並んでみれば?」と言われるが「流石にそれは・・・」と。朝の時点で1000人弱ぐらいの人が来ていました。

で、仕事を終えて国立に到着したのは18時前。同士に挨拶をしつつ友人に呼ばれ色んな場所へ挨拶に行く。24番ゲートで行われた集会にも参加。北朝鮮戦、バーレーン戦の開門前の決起集会と比べると、「まぁ、こんなものか」と言う感じでした。18時40分過ぎに両チームが練習を開始。スタメンの選手のコール。MF小野伸二(#18)とFW大黒将志(#31)に対する期待度はそのコールの大きさに現れていました。

スタメンはGK:川口(#23)、DF:(右から)田中誠(#2)・宮本(#5・C)・坪井(#26)、MF:福西(#15)・小野(#18)のダブルボランチ・右WB加地(#21)・左WB三都主(#14)・トップ下小笠原(#8)、FW:鈴木(#11)・大黒(#31)。現在Jリーグ得点王の大黒が代表初先発。

チーム全体の動きが少ない日本代表に対してカウンター狙いのUAE代表。日本は何度もゴール前に迫るがシュートの正確性を欠いた。なおかつ足元でボールをもらう事が余りにも多く、裏への動き出しが少ないのでパスをカットされUAEのカウンターを何度も喰らった。しかし、UAE代表のシートミスなどで無失点に抑えていた。が、後半にカウンターから失点。その後、本山(#19)を投入してからは前線が活発になって前半よりは可能性のある攻撃が出来たが無得点で試合は終了。

選手個人の動きが少なすぎて試合も停滞。本山が入るまではそんな感じだった。期待の大黒もゴールならず。それ以上に「中澤佑二」という存在が大きいと思った。キリンカップで先発した坪井も悪くは無かったと思うが、空中戦で競り負ける場面が多かった。「宮本も田中誠もヘディングに絶対の自信を持っている」というタイプではないので少し不安。中澤の状態によっては坪井の先発の可能性は十分にある。「坪井はこんなものじゃない」と思うので出場した時はもっと奮起して欲しい。チーム全体に言える事だがもっと「戦って」欲しかった。そんな姿勢が余り見られなかった。

試合後、ブーイングをする人、「ニッポン」コール・「ジンギスカン」を歌う人のがいた。私はブーイングはあえてしなかった。ブーイングをした人の気持ちは痛いほど分かる。それよりも「下を向くな。前を向け」という思いのほうが強かった。

W杯最終予選、アウェーでのバーレーン戦まで1週間を切った。残された時間は少ないが出来る事を確実にこなし、調整してバーレーン戦に臨んで欲しい。

|

« UEFAチャンピォンズリーグ決勝戦 | Main | 2005年度J2第14節:水戸ホーリーホック対横浜FC(@笠松陸上競技場) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/4315202

Listed below are links to weblogs that reference KIRIN WORLD CHALLENGE キリンカップサッカー2005 -Go For 2006!-:日本代表対アラブ首長国連邦代表(@国立霞ヶ関競技場):

« UEFAチャンピォンズリーグ決勝戦 | Main | 2005年度J2第14節:水戸ホーリーホック対横浜FC(@笠松陸上競技場) »