« 2005年度シーズン開幕にあたって | Main | ほぼ完成 »

2005.03.05

2005年度J2第1節:湘南ベルマーレ対横浜FC(@平塚競技場)

2005年度J2第1節:湘南ベルマーレ対横浜FC戦が行われ、2-0で湘南ベルマーレの勝利。完敗でした。

今日はJリーグ2005年度シーズンの開幕日。横浜FCは湘南とのダービーマッチ。私は「開幕戦は平塚に電車でGO」の企画に東京駅から参加。東京駅では私を含めて3名。横浜駅で10名ほどの方が合流されました。平塚駅でもサポーターの方と合流していざ平塚競技場へ。平塚競技場の入場口でみんなとと合流。第一声は「明けましておめでとうございます」。開門30分前ぐらいにミーティング。応援のコールの事など、色々と話し合いました。新しい段幕2本は格好よかったです。

スタジアムに入って「いよいよ開幕するんだ」と言う気持ちが高まってきました。今回はスタンドの中央より上段に陣取りました。「雪崩の時は気をつけないと」とみなさん。スタンドで一休みしていると、「インタビューさせてもらいたいのですが、よろしいでしょうか?」とNHKの取材班の方がやってきました。2人の方がインタビューされていました。

13時20分頃に田北コーチ・菅野・小山がピッチで練習開始。まず湘南のメンバーが出てきたのでブーイングで迎え、続いて出てきた横浜FCを声援・拍手・多くの旗&ゲーフラで迎えます。スタメンはGK菅野(#21)、DF(右から)早川(#5)・トゥイード(#4)・山尾(#26)・一樹(#13)、MF富永(#3)・内田(#10)のダブルボランチ・右SH北村(#17)・左SH中島(#27)、FWジェフェルソン(#11)・城(#9・C)。そして試合開始。

湘南はMF加藤望(#24)・佐藤悠介(#7)を中心に無理すること無く、かつシンプルに試合を進めて来ました。横浜FCは両サイドが湘南に押さえ込まれてしまい、プレッシャーを掛け続けられた内田はパスを配球することもままならずキープするのが精一杯の状態。当然、前線でボールが収まることはほとんど無い。

この状態で湘南が常に先手を取り続け、横浜FC右サイドペナ付近でFKを得る。MF加藤(#24)が右足を振り抜くとボールはゴールの逆サイドのネットを揺らし湘南が先制。先制されてバタバタしてしまった横浜FCはラインを押し上げて攻めるがボールの取られ方が悪く、湘南のカウンター攻撃にを食らいピンチの連続。前半13分にオフサイドトラップを掻い潜られ柿本がシュートを放つ。菅野のファンブルも手伝ってボールはネットを静かに揺らし2-0。このゴール後のピッチは、さらに無理をしなくなった湘南と焦ってしまい気持ちが空回りしていた横浜FCがいた。前半はシュートを2本しか打つことができず終了。

ハーフタイム時、私の周りでは「サッカーになっていない。今日はプレシーズンマッチじゃないぞ」と言っていました。私も同感でした。やり場のない苛立ちのみが蓄まっていきました

後半開始時の交代はなかった。湘南がやや引き気味になった事もあってボランチが前を向いてプレーすることが多くなった。前半よりは幾分、マシになったが試合の流れが変わることはなかった。交代出場の大友が何度か良いプレーをするがシュートにつながらない。交代出場のシルビオは出場時間が短くボールにからむことはほとんど無かったが、ボールを持ったときは独特のリズム・間合いがあった。しかし大勢は前半で決まっていた様で、後半にスコアが動くことは無く2-0で試合は終了した。

試合後、選手達はうつむき加減でサポーターに挨拶。菅野は悔しさを押し殺している様子だった。選手に続いて足達監督が私達の前に来て罵倒等々を目線をそらさずに聞いていた。そして挨拶をしてロッカールームに戻っていきました。

「開幕戦でシーズン最低の内容の試合をした」、と思いたい。(結果論になるが)選手交代も遅かった。「リスクを負ってでも点を取りに行く。意図のあるディフェンスをし攻撃につなげる」と足達監督は言っていたが、どちらともその片鱗を見ることかほとんど無かった。「すぐ具現化できる」とは思わないし、「監督が意図するサッカーを開幕から展開することは厳しいだろうな」と思っていたが、今日は悪すぎたと思う。足達監督が目指すサッカーの片鱗もほとんど見ることが出来なかった。選手の選考、配置も「?」だった。

今日、試合を見て私が思うフォーメーションは4-1-4-1。DFは右から早川・トゥイード・山尾・中島、MFはボランチに富永・その前に2枚のCHを配置・内田と信義(シルビオ)・右SHは大友・左SHは北村、FWは城。DFは昨年のメンバー。今日は右SBに一樹が入ったが戸惑っている様子だったし、オーバーラップは皆無に近い。中島はもう少し広いスペースがあったほうが生きると思うし、今日は窮屈そうだった。1ボランチの富永は汚れ役に徹する。2人のCHはつるべの動きで1トップをフォローしつつ追い越す動きで得点を狙う。機動力のある内田とパス配球能力に長ける信義。相手ボールとなった時は2人のCHが1stプレスをかけてボランチとDFの守備をし易くする。私が考えるメンバーです。

次節、3月12日は俺たちの丘、MISTUZAWA。ホーム開幕戦を山形と戦う。今日の湘南戦よりチーム状態が悪くなることは無い。私はそう信じたい。山形戦、絶対に負けられない。山形戦までに基本的なことを確認し、修正して欲しい。

ホーム開幕戦、ホームの雰囲気を作り出そう。気持ちを1つにして。

|

« 2005年度シーズン開幕にあたって | Main | ほぼ完成 »

Comments

トラバありがとうございます。
4-1-4-1というか、チェルシー、バルサの4-3-3のようですね。ぼくも良いと思いますが、その時は絶対的CFとして城に君臨していてもらわないと。
ボランチに下がってもらっては困りますね。

Posted by: たつ@ウタカタノヒビ | 2005.03.05 at 10:47 PM

コメント、ありがとうございます。

ご指摘の通り、この場合だと城に最前線で頑張ってもらわないといけないのです。そのために今まで城がこなしてきた役割、「配球」をその他のフィールドプレーヤーが少しずつ負担、してもらわないと・・・。

Posted by: celeste | 2005.03.08 at 08:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/3185109

Listed below are links to weblogs that reference 2005年度J2第1節:湘南ベルマーレ対横浜FC(@平塚競技場):

» [横浜FC]J2第1節 vs湘南ベルマーレ@平塚 [ウタカタ ノ ヒビ]
写真は→コチラ 2005年Jリーグ開幕。横浜FCも新たなシーズンへのスタートを切りました。しかしそのスタートラインは見るも無残なものでした。選手同士で取れない... [Read More]

Tracked on 2005.03.05 at 10:19 PM

» Jリーグ開幕戦 VS湘南 [DON'T LOOK BACK AGAIN]
ただいま戻りました。0−2で負け。 スタメン予想も見事に外れ。 あれほど新しい選手補強して中盤の層を厚くしたっていってたのに・・・・ 今日の試... [Read More]

Tracked on 2005.03.06 at 10:57 PM

« 2005年度シーズン開幕にあたって | Main | ほぼ完成 »