« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.31

付け足し

J SPORTS:「J2 AWARDS2004」でベスト11に菅野が選出

「チームとしても、個人としてももっと上を目指して頑張りますので、応援宜しくお願いします」とスゲ。解説の浅野哲也さんは「読みに頼らず最後まで動かない、このプレースタイルが確立されてきた。彼のセーブが何度と無くチームを救った」とコメント。

来シーズンもスゲと共に戦いたい。

いつもはピッチレベルにいる細田阿也さんもドレスを着て出演してます。綺麗です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

振り返ってみる

横浜FC以外のことについて2004年を大急ぎで振り返ってみる。(※個別に書き始めると大変なので箇条書きにしました)

オリンピックは北島の金メダルと男子体操団体の金メダルが印象に残ってます。体操団体は今見ても涙が出ます。あと、「ヤワラちゃんと野村は強い」なぁ、と。

野球はストライキ直後のヤクルト戦。「野球ってこんなに面白いんだ」とつくづく感じました。プレーオフも面白かった。阪神では金本の連続出場と八木裕の引退。特に「ありがとう八木裕」。

サッカーではアジアカップ連覇。「諦めたら終わりだ」と言うことを選手達は見せてくれた。五輪予選、W杯予選は日本が久々に戦った「激しい予選」だった。来年はさらに厳しい戦いがあると再認識。

政治経済では年金と拉致問題。国内では選挙もありました。年金問題って選挙が終わったら何にも無しですか?海外でもイラクを始め世界で紛争が絶えない。

大雨や地震、津波・・・。今年の漢字で「災」が選ばれたのも頷けるほど、日本は天災に見舞われた。

「ハナミズキ」が2004年、ココロに残った歌でした。

2005年が皆さんにとってよい年となりますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.27

振り返ってみる

横浜FC関連の行事が終了したので、今年の横浜FCを自分なりに振り返ってみる。

戦力で一番、大きかったのはスティーブン・トゥイードの加入。彼がCBにいたからこそクロスを入れられても弾き返してくれたし、その「セカンドボールを速攻に繋げよう」という攻撃が成立していた様に思う。ただしDFラインが引きすぎてしまい、全体的に引き気味になってしまうという場面もあった。これでは相手ゴールまでの距離が遠くなってしまう。この点は改善点。

一番、伸びたなぁと思う選手は河野淳吾。それが現れたのは6月の甲府戦。大敗し選手全員は俯き、サポは怒りとも悔しさとも言えない気持ちを選手達にぶつける。その声を最初から最後まで受け止めたのは河野淳吾だった。昨年には見られなかった彼の姿勢はまさしく「成長した証」と私は思っている。将来はチームを背負って立つような選手になるかもしれない。

今シーズンのワーストゲームは4月の川崎戦。三ッ沢で戦い何も出来ずに2-0で負けた。この試合は悔しかった。今シーズンも川崎には4敗だったが、この試合以外の3試合は明らかに違った。表現は悪いが「相手もろとも削る」と言うような姿勢をもって試合に臨んだ。「絶対に勝つ」という姿勢で臨みとにかく激しくぶつかり合った。でも川崎はその上を行っていた。4月の川崎戦の様な「無抵抗主義」の試合はもう見たくない。

ベストゲームは11月の広島戦。結果だけが唯一の評価対象・天皇杯。選手は試合開始からトップギアで戦った。リティは広島戦のために怪我をしていた城とトゥイードをリーグ戦では使わずに臨んだ試合。城は「天皇杯で勝っていけば注目してくれる」と言っていた。横浜FC全体のモチベーションはとにかく高かった。厚いJ1の壁に何度と無く弾き返されるが、最後の最後で小さな突破口を見つけセットプレーから決勝点。観客は少なかったがスタジアムが1つになった気がした。

G裏については昨年からの流れを受け今年は「リスタート」の年、と思っていた。開幕戦と比べて最終戦は格段と良くなっていたと思う。あとはそれをG裏だけで終わらせるのではなく、メイン・バックを巻き込んでスタジアム全体でホームの雰囲気を作り出す。「歌詞カードの手渡し」はその1つの方法であるし、まだ別の方法があるのかもしれない。この部分についてはシーズンオフの宿題。

今シーズンのターニングポイントは6月の仙台戦。チームもG裏もこの試合後から何かが変わっていったと思う。選手達の歯車が少しずつずれていく。G裏は「あの仙台戦は忘れない」という気持ちが多かれ少なかれあったと思う。今シーズン中にリベンジしたかったが、この悔しい思いはいつかきっと報われる。そう信じて歩いて行こう。

阪倉コーチが退任し、喜熨斗(きのし)コーチが就任。河野は残留。で、新加入選手は・・・?

YOKOHAMA納会で多くの仲間と話すことが出来、有意義な時間を過ごせました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.22

河野淳吾

広島からレンタル移籍中の河野淳吾が横浜FCに完全移籍決定。と、いうか「引き続き横浜FCの戦力として戦ってくれる」という気持ちの方が先に湧いてきました。まず1人目、と言う感じです。

このコールは結構、好きだったりする。「河野淳吾~ ララ~ララ~ラ~ 河野淳吾~ #14!ジュンゴ~」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

代表選手発表

「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2005-Go for 2006!-」に向けての事前合宿メンバーが発表されました。復帰したのはDF坪井、MF阿部、FW久保の3人。坪井と久保は怪我からの復帰。阿部は昨年の東アジア以来の招集。2月9日の北朝鮮戦メンバーは2月2日以降に発表される

正直、暢久は招集されると思ってました。でも呼ばれなかった、という事は余程の事が無い限り無いのでしょうね。「右は加地と西、左は三都主と三浦(淳)でまずはスタート」ということで。最終予選では「選手層の厚さ」も必要だと思うので、招集されなかった選手もいつ呼ばれてもいいような「コンディションとモチベーション」を維持していて欲しい。

発表と同時に北朝鮮戦のチケット争奪戦も始まりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.21

開幕戦

2005年度シーズンの開幕戦は平塚競技場で湘南と対戦(湘南HPで正式発表されてます)。「開幕ダッシュは必達」ということで。

横山は甲府へ完全移籍。横浜FCの新戦力の発表はまだですか・・・。スティーブンとジェフェルソンは残留?レンタルの柴崎・河野・眞中、強化指定の久保田の各選手はどうなったんですか?噂に出ていた「謎の練習生(ボランチ)」は?

ある程度の話は先週の横国でパーカーを貰った時に聞いたんですけど、正式リリースがあるまではやっぱり不安です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.20

新監督

来シーズンから横浜FCの指揮を取るのは足達勇輔監督・43歳。ユース年代の育成畑を歩いてきた方です。

比較的若い選手が多い横浜FCと監督の経歴が合致したのでしょう。2年契約となっていますが1年目から結果を出して欲しい。「育成」も大事ですが「結果」も大事。今の横浜FCに必要なのは「育成と結果の両立」だと思うので

コーチ陣や選手の陣容はどうなるのだろう・・・、と思う今日この頃です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.19

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2004:なでしこジャパン(日本女子代表)対チャイニーズ・タイペイ女子代表(@西が丘サッカー場)

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2004:なでしこジャパン(日本女子代表)対チャイニーズ・タイペイ女子代表が行われ11-0でなでしこジャパンの勝利。試合前からこういう展開は予想してました。

私にとって2004年、最後の代表戦は西が丘サッカー場。新生なでしこジャパンの初戦。相手はチャイニーズ・タイペイ。試合は開始10分までに3-0と相手を圧倒。この時点で試合は決まりました。それ以降の試合に対する興味は薄れていました。今シーズン、初めての「サッカー観戦」でした

大橋新監督を迎えた女子代表チームの船出としては良かったと思う。でも、「前の選手を追い越す動きがほとんど無い」ので、あまり面白くなかった。今回は相手が相手だっただけにそこまで要求しなくても得点出来てしまった。「強豪と試合をして足りない部分を肌で感じる」というのも協会には考えて欲しい。強化費などの問題もあるのでしょうが・・・。

今回、私が見たのは日本ベンチの真上。その横は選手の関係者の方が多くいました。試合後、スタンドを探して手を振る選手達。その時見せた表情は「サッカーが大好きな女の子」そのものでした。試合中の厳しい表情とは打って変わって可愛い選手達でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.17

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2004-Go for 2006!-:日本代表対ドイツ代表(@横浜国際競技場)

キリンチャレンジカップ:日本代表対ドイツ代表戦が行われ、0-3でドイツ代表が勝利。貫禄勝ち。

今年最後の代表戦(男子)はドイツ代表との試合。試合前にはピエール・リトバルスキーの姿が見えたらしいです。ところで何故、久米宏?

2006年に向けて「1試合も無駄に出来ない」という感じでテストマッチを戦っている開催国ドイツ。と同時にアジア最終予選に向けて無駄に試合を消化したくない日本。選手の選出段階でドイツのドイツの方が意識レベルが高い。「世代交代が進んでいない」と良く言われるドイツだがかなりドラスティックに「世代の融合」を進めている。丁度、トルシエ・ジャパンの時のように。日本代表はCSや天皇杯などの怪我人で考えられるベストメンバーが組めなかったにせよ、その場凌ぎの選出に見えてしまった。

ドイツ代表はチームとしては本気モードでは無かった様に思う。しかし個々の選手にしてみれば2006年までずっとアピールし続けなければならないので1つ1つのプレーの対するモチベーションは高い。そんなドイツ代表が見せ付けてくれたサッカーは見事だった。特にルーズボール時の争いや囲まれた時の玉際の強さ。あと、NBAを思わせるボール運び。「速攻が出来る時は物凄いスピードで攻め上がる。無理だと思えばボールを動かし相手守備陣に穴を作り出す」。無理することなくサッカーをしていた。

日本代表はベストメンバーで戦いたかったはず。叶わなかった為に「バックアップメンバーの見極め」と言う視点で私は見ていた。その意味では相手が悪すぎた。シュートレンジに入れさせてもらえばかった。サッカーをさせてもらえなかった。唯一、良かった事は「ドイツ戦はアジア最終予選では無かった」ということ。最終予選の前に一度、リセットする事が出来たのは良かったのかもしれない。最終予選はランク上位だから勝ち抜ける保障はどこにもない。アジアカップを獲ったから勝ち抜ける訳でもない。ドイツ戦はそういうものを吹き飛ばしてくれた。組織力や戦術も重要なのだが、「これから一番、大切なのはボールに対する執着心、勝利に対する執着心だ」と言う事をドイツは教えてくれた、と思っている。

で、来年の1月29日に横浜でカザフスタン戦、2月2日に埼玉でシリア戦が決定(共に時間未定)。最終予選までに日本代表は2試合も戦える。この2試合を通じてみんな、「最終予選モード」に入らなければならない。

下を向かず前を向いて歩いて行こう。必ずドイツW杯に行けると信じて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.12

第84回天皇杯全日本選手権・5回戦:横浜FC対ガンバ大阪(@愛媛県総合運動公園陸上競技場)

第84回天皇杯全日本選手権・5回戦:横浜FC対ガンバ大阪戦が行われ0-5でガンバ大阪の勝利。格の違いを見せ付けられた試合でした。

現地に行けなかったのでPCで観戦。5分に1回のペースで更新ボタンを押してました。試合経過を見るとウチが陥りやすい完敗パターン。BSのダイジェストを見ての感想も「中盤が・・・」と言う感じ。G大阪の得点シーンばかりなのでそうなのかもしれませんが・・・。

自分なりの振り返りは次の機会に。現地組の皆様、お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.11

天皇杯

明日、天皇杯5回戦が行われる。

松山に行くことは出来ないが、気持ちは1つ。「横浜FCの勝利」のみ。G大阪は守備陣に多少、変更があるらしいが、自分達がやりたいサッカーを貫き通そう

現地組の皆さん、悔いの無いサポートを頼む。勝とうぜ、絶対

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.09

対戦相手決定

来年2月から始まる2006・ドイツW杯アジア最終予選の組み合わせ抽選会がマレーシアのクアラルンプールで行われた。

〈方法〉
1次予選を突破した8ヵ国を4チームずつに分ける。アジアランキングの1・2位をPot-A、3・4位をPot-B、5・6位をPot-C、7・8位をPot-Dの4つに分け、ドロワーがPot-Dから引いて行く。先に引いた国をグループA、残りの1ヵ国をグループBに入れる。

Pot-Dはクウェートと北朝鮮。先に出たのはクウェート、グループA。北朝鮮がグループBへ。
Pot-Cはウズベキスタンとバーレーン。先に出たウズベキスタンがグループA、バーレーンがグループB。
Pot-Bはサウジアラビアとイラン。サウジアラビアがグループA、イランがグループBへ。
Pot-Aは韓国と日本。先に出たのは韓国、グループAへ。日本はグループB。

日本・イラン・バーレーン・北朝鮮。どの国と一緒になっても楽な試合は1試合も無い。サポーターも気を引き締めて戦おう。

あと、チケットを巡る戦いも勝たなければいけません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.06

ドイツ戦メンバー発表

12月16日、日本対ドイツ戦のメンバーが発表されました。横浜M・浦和からも選ばれてます。あと、稲本も。公式戦に出場できなければ契約解除だったはず。大丈夫・・・?

「ドイツ代表がアジアで3試合する」と知ったのは今日でした。16日はスタジアムに来るのかなぁ・・・、リティ。その前に12日ですね。チーム一丸となって戦わなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風邪

土曜日、日吉に行って来ました。横浜FCに何らかの形で携わる皆さんの気持ちは同じだと信じています。「横浜FCの勝利を見たい。昇格したい」。みんなの気持ちが同じ方向に向かっていると信じています。

土曜日、日吉での話し合いの最中に風邪を引きました。本当は皆さんと一緒に横浜で飲みたかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.01

未来

天皇杯に集中したい。でも、出来ない。プロサッカークラブのフロントとしての対応をして欲しい。

12月4日(土)・13時、東横線日吉駅に行きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »