« 2006 FIFA W杯ドイツ・アジア地区第一次予選・グループ3・第6節:日本代表対シンガポール代表(@埼玉スタジアム2002) | Main | 初クラシコ »

2004.11.20

2004年度J2第42節:ヴァンフォーレ甲府対横浜FC(@小瀬スポーツ公園陸上競技場)

2004年度J2第42節:ヴァンフォーレ甲府対横浜FC戦が行われ0-1で横浜FCが勝利。リーグ戦では鳥栖戦以来の勝利。天皇杯からの連勝です。

この日は電車ジャック&マスクデー。新宿9時06分発・小沢淵行きの先頭車両に乗って立川・八王子で電車組と合流。甲府駅到着は11時13分。ここでその他のルートの皆さんと合流し、シャトルバスジャック。「覆面姿が怪しすぎたので警察に職務質問を受ける」というハプニングも発生。無事に小瀬に到着しました。

試合前、今日の注意事項として「天皇杯・広島戦から継続してしっかりと手拍子。自分達が出来ていなければみんなに応援を呼びかける事は出来ない」と言う事をを確認。それ以外にホーム最終戦の湘南戦に向けての話し合いをしました(ビッグフラッグの件についてなど)。話し合いが一段落したところでGK菅野(#21)がピッチに登場。この日のスタメンは怪我で欠場したDFトゥイード(#15)は欠場し代わりにDF河野(#14)がCBに入り、それ以外は天皇杯と同じでした。甲府のMF横山(#33)には当然、ブーイングです。

この日の横浜FCは天皇杯のいいイメージをそのまま継続していました。試合開始早々は甲府に主導権を握られますが、少しずつ盛り返し、その後も常に先手を取っていました。甲府のキーマンFW小倉(#17)やMF藤田(#10)に対して素早くチェックし、ボールを奪うとSHの臼井(#3)か大友(#22)に素早く展開し攻撃を仕掛ける。もしくはFWの城(#25)や北村(#17)に預けてすぐサイドに散らす。攻守にソツの無い動きを見せていました。しかし前半は何度と無くチャンスを迎えますが決めきれなかった。甲府も決定的なチャンスを作り出せていなかった。前半は0-0で終了。

後半に入っても横浜FCが主導権を握り続けます。何度と無く見せていたサイド攻撃。その攻撃が実ったのは後半11分。城がクロスを中央でヘッドで合わせて先制。そしてサポーターの目の前でハッスル・ポーズ。その後も攻めますが得点を入れることが出来ない。しかし甲府もFWの小倉がボランチの位置まで下がってゲームメイクをしなければならない状態だったのでそれ程、怖さを感じなかった。強烈なミドルシュートもGK菅野がしっかりとセーブ。甲府に決定的な場面を作らせず1-0で試合終了。

この試合は天皇杯と同様、試合終了までよく走り常に先手を取ろうとしていた。相手より1歩早くボールに動き出すことによりペースを握った。主審の不可解な判定にも耐えての勝利だった。しかし、ズルズルと下がってしまう癖が時折、出てしまった。それといつものことだが「決定力」。決定機を作り出せてはいるので後はシュート時の落ち着き、シュート精度を高めていくしかない

試合後、もう一度話し合いをし、湘南戦についての打ち合わせ。それと「今シーズンの反省と来シーズンに向けてどう、動いていこうか」という事を話し合う。湘南戦で何らかの弾幕を出すことで決定。「どうやって三ツ沢に一体感をもたらすか」についても各自で考え、湘南戦に行動する、ということに決定。

次節はホーム・三ツ沢で湘南を迎えての神奈川ダービーマッチ。今シーズンのホーム最終戦だ。負けるわけには行かない。みんなの力で横浜FCを勝たせよう。横浜FCのグッズや横浜FCカラーのフラッグで三ツ沢を埋め尽くそう。

|

« 2006 FIFA W杯ドイツ・アジア地区第一次予選・グループ3・第6節:日本代表対シンガポール代表(@埼玉スタジアム2002) | Main | 初クラシコ »

Comments

地元最終戦はS席だけど横浜FCカラーのフラッグを購入してフリマスヨー。
球場に一体感がある応援が出来るようになるといいですねぇ。

Posted by: とみり(ゆうとん) | 2004.11.21 at 09:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/2017776

Listed below are links to weblogs that reference 2004年度J2第42節:ヴァンフォーレ甲府対横浜FC(@小瀬スポーツ公園陸上競技場):

» [横浜FC]J2第42節 ヴァンフォーレ甲府 vs 横浜FC@小瀬 [ウタカタ ノ ヒビ]
横浜FCは第2クール1-6で大敗した小瀬で城の先制ゴールを守りきり、1-0で勝利。9位水戸が敗れたため、今季の8位を決定しました。 >> 甲府 0(0-0)1 横浜FC -14:00キックオフ 小瀬ス ... [Read More]

Tracked on 2004.11.21 at 11:32 AM

« 2006 FIFA W杯ドイツ・アジア地区第一次予選・グループ3・第6節:日本代表対シンガポール代表(@埼玉スタジアム2002) | Main | 初クラシコ »