« 2004年度パシフィック・リーグ:プレーオフ1stラウンド第3戦 | Main | 第84回天皇杯全日本選手権・3回戦:横浜FC対大分トリニータU-18(@三ツ沢公園球技場) »

2004.10.04

鈴木 一朗

イチローって凄い。凄すぎる。「打席でバットを振ればヒット」という感じでした。ピッチャーはゴロが転がった瞬間、「やられた」と思ったりするのでしょうか。今シーズン、内野ゴロをヒットにした回数は60回ぐらいある。ボール球でもヒットにしてしまう。さらに選球眼もいい。ホームランバッターとは別の次元で凄い。

「日々の小さな積み重ねが重要なんだと言うことを実感した」、「プレッシャーに打ち勝つ方法は無いと思う。プレッシャーと上手く付き合っていく事の方が重要だ」と彼は語る。彼が語るからこそ「なるほど」とうなずいてしまう。私も「日々の小さな積み重ね」と確実にこなして行こう、と思う。

イチローが狙えそうな記録はシーズン4割と連続試合安打だと思う。最後の4割打者はタイ・カップ、56試合連続安打記録はジョー・ディマジオ。特に連続試合安打は「まず破られないだろう」と言われている記録。どちらも高い壁だが「イチローならやってくれるかも」と思ってしまう。

今シーズン、お疲れ様でした。オフでシーズンの疲れを取って下さい。

|

« 2004年度パシフィック・リーグ:プレーオフ1stラウンド第3戦 | Main | 第84回天皇杯全日本選手権・3回戦:横浜FC対大分トリニータU-18(@三ツ沢公園球技場) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/1591002

Listed below are links to weblogs that reference 鈴木 一朗:

« 2004年度パシフィック・リーグ:プレーオフ1stラウンド第3戦 | Main | 第84回天皇杯全日本選手権・3回戦:横浜FC対大分トリニータU-18(@三ツ沢公園球技場) »