« 2004年度J2第26節:水戸ホーリーホック対横浜FC(@笠松運動公園陸上競技場) | Main | なでしこジャパン対女子スウェーデン代表 »

2004.08.12

2004年度J2第27節:横浜FC対ヴァンフォーレ甲府(@三ツ沢公園球技場)

2004年度J2第27節:横浜FC対ヴァンフォーレ甲府戦が行われ0-1で敗戦。相変わらず8月は勝てません・・・。

今節も仕事を終えて三ツ沢へ急行。到着した時は丁度、スタメン紹介の時でした。大久保(#20)と信義(#18)のツートップ。FW眞中(#28)はベンチスタート、FW城(#25)はベンチからも外れました

試合内容は特筆するようなことはないのですが、甲府は上手くゲームをコントロールしていた。ボールをキープされていても慌てず騒がず落ち着いている。バロンが鹿島に移籍して攻撃に関しての怖さは減ったものの、その分をチーム全体でカバーしていた。横浜FCは攻めるが全てにおいて遅かった。後半は左SHの杉本をワイドに開かせ、FWの信義とボランチの内田(#10)のポジションを入れ替えたことにより多少は改善された。でも、それでも遅い。で、後半27分に先制される。その後、負けているにもかかわらず攻撃する姿勢を選手から感じることは出来なかった(少なくとも私は)。で、時間は進んで行き試合終了。

選手達に覇気を感じなかった。モチベーションの低下がそうさせているのだろうか?それともコンディションの低下から来るものなのだろうか・・・?前節の城の状態を聞いたがそのような感じに見えた、と友人は言っていた。私達がうかがい知る事が出来ないところで何かあったのだろうか・・・?試合終了後、監督がベンチに座ったまま立ち上がらなかった。ピッチや空、G裏やバックスタンドをじっと見つめたまま選手がピッチを後にしてから5分ぐらいそうしていた。G裏からは痛烈な野次が飛ぶ。そして重い腰を上げてピッチを後にした。監督は何を思っているのだろう。私は「何かを決断しかけているのかもしれない」と勝手に思った。

今日はこれ以上は書きません。私が感じる戦術等々はまた次の機会に書こうと思います。

|

« 2004年度J2第26節:水戸ホーリーホック対横浜FC(@笠松運動公園陸上競技場) | Main | なでしこジャパン対女子スウェーデン代表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/1176930

Listed below are links to weblogs that reference 2004年度J2第27節:横浜FC対ヴァンフォーレ甲府(@三ツ沢公園球技場):

» [横浜FC]J2第27節 横浜FC vs ヴァンフォーレ甲府@三ツ沢 [ウタカタ ノ ヒビ]
シュート数17対6と言う数字が示すとおり、試合を通して圧倒的に攻め続けながらいつものようにゴールが遠かった横浜FC、少ないチャンスを選手交代を生かして確実にもの... [Read More]

Tracked on 2004.08.16 at 04:44 PM

« 2004年度J2第26節:水戸ホーリーホック対横浜FC(@笠松運動公園陸上競技場) | Main | なでしこジャパン対女子スウェーデン代表 »