« ENEOSワールドチャレンジ:キューバ代表対日本代表 | Main | 札幌戦に向けて »

2004.07.20

AFCアジアカップ・CHINA2004:日本対オマーン

アジアカップ2004が開幕。中国、サウジアラビア、UAE、韓国といわゆる「優勝候補」と呼ばれている国が苦戦している中、日本はオマーンと今年2度目の対戦。1-0で日本が勝利。辛勝・苦戦等々、色々な表現がされるのでしょう。

タイトルがかかっているので内容は問いません。1-0でも勝ち点3を取れたことが収穫。ヒドイ試合をしても勝てれば別にいいです。何せ、タイトルがかかっているし、オマーンとは10月に戦うわけですから。「どんなにヒドイ内容でも、オマーンが主導権を握っていても日本が勝つ」という意識付けを多少なりともさせることが出来れば良いのですが・・・。あと民放の実況も酷かった・・・。「中村俊輔は前回大会でも10番をつけて参加していました」って・・・。前回の背番号10番は名波浩です。

マチャラ率いるオマーン代表。2月は守備的な試合運び。今回は攻撃的な試合運び。10月はどちらの戦い方を採用するのだろうか・・・?

|

« ENEOSワールドチャレンジ:キューバ代表対日本代表 | Main | 札幌戦に向けて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/1013795

Listed below are links to weblogs that reference AFCアジアカップ・CHINA2004:日本対オマーン:

« ENEOSワールドチャレンジ:キューバ代表対日本代表 | Main | 札幌戦に向けて »