« 川崎戦に向けて | Main | 鳥栖戦に向けて »

2004.07.03

2004年度J2第21節:川崎フロンターレ対横浜FC(@等々力陸上競技場)

2004年度J2第21節:川崎フロンターレ対横浜FCが行われ、2-0で川崎フロンターレが勝利。横浜FCは4連敗となってしまった。

仕事を終えて等々力に到着したのは18時40分。アウェーG裏にはスーツ姿で駆けつけたサポーターの面々が。「今日はスーツ・デーか?」という話をしているうちに、選手入場。私はスタメンすら分からずキックオフでした。

左SBには杉本(#16)、河野(#14)がボランチに入り、早川(#5)・大友(#22)が右サイドでコンビを組みました。3-5-2システムの川崎は両WBがサイドラインギリギリに張り、マルクス・ジュニーニョがポジションチェンジを送り返す。それに対して横浜FCは特にマン・マークを付けることしない。全体的にいつもよりも引き気味に位置してカウンター攻撃を狙っていた。横浜FCがキープする時間帯もあったのだが川崎が試合を支配する。何とか凌いでいたが前半39分、我那覇に先制点を許す。オフサイドの取り損ねだった(杉本が残っていた)。さらに大友が負傷交代し、苦しい試合展開となる。

後半も川崎の優位は動かなかった。後半8分、波状攻撃のこぼれ球をアウグストに決められ2-0。横浜FCも攻撃的な選手をピッチに送り出すがゴールネットを揺らすまでには至らない。ロスタイムには信義(#18)が2枚目のイエローカードで退場。結局、2-0で試合終了。

川崎は両WBをサイドラインギリギリに置いた。横浜FCの両SHがそれにあわせて開いてしまうと中央にスペースを作ってしまう。川崎の攻撃は鬼木・中村の2人からのパスで始まることが多かったので、「ここのポイントにもう少しプレスをかけられたら・・・」と思ってしまう。「マルクス・ジュニーニョがバイタルエリアで前を向いてボールをもらえる」という場面があまりにも多すぎた。横浜FCは全体的にズルズル下がってしまい、川崎の攻撃力を恐れる余り、リスクを取って攻め上がれなくなっていった。ズルズル下がるのではなく、どこかで一線を引いてラインをストップさせなければならない。川崎戦の守備は「守備的な守備」だった。「ここのラインで止めるんだ」という意識付けが全く無かった。良い時の守備はそうではなかったと思う。もっと「攻撃的」だったと思う。唯一の光は杉本ぐらいだろうか。彼のパスはチャンスを作り出すことが出来ると思う攻撃に関しては何かをいえるレベルに無い。ゴールへの道筋が見えていない。形が見えない。ただボールをキープしているだけ、ただ攻めているだけ。テンポも変わらないし、前線へ飛び出す選手もいない。ゴールの為には「何をすべきか?」が分かっているはずだし、出来るはずだ。

余り書きたくないのだが等々力であった事を書く。ハーフタイムにトイレに行ったときの事、用を済ませ手を洗っていると川崎のサポーターが話しかけてきた。「今日はサポーター少ないですね。本体は来てないの?いっつも分裂して応援してるじゃない?」。「昨年の10月から分裂を止めたんです」と私。「へぇ~、そうなんだ。煽ってた人たちも1つになると小さくなっちゃっていい子ちゃんになったんだね。ま、チームも全然、勝てていないから何を言っても負け犬の遠吠えになっちゃうもんね」と男。私は殴りかかろうと思ったが止めた。ただでさえ各方面から目を付けられているのに、「一線を越えたらもうお仕舞いだ」と思い、こらえた。サッカーでここまであからさまに馬鹿にされたのは初めてだった。試合同様、このことも含めてこの悔しさは絶対、忘れない。

前半戦の折り返し、第22節は三ツ沢で鳥栖と対戦。気持ちで受身になるな。絶対、気持ちで負けるな。

4連敗となってしまった横浜FC・・・。
_029.jpg

|

« 川崎戦に向けて | Main | 鳥栖戦に向けて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/895965

Listed below are links to weblogs that reference 2004年度J2第21節:川崎フロンターレ対横浜FC(@等々力陸上競技場):

» セルフ懲罰 [ふろんたぁれ日記]
友人WのJ2ブログ集で、J2の各チームのサポさん達のブログをチェックしているのですが、その中で、横浜FCのサポである平成徒然草さんのフロンターレ戦の記事を読んで... [Read More]

Tracked on 2004.07.06 at 01:22 AM

« 川崎戦に向けて | Main | 鳥栖戦に向けて »