« 仙台戦に向けて | Main | 甲府戦に向けて »

2004.06.21

2004年度J2第18節:ベガルタ仙台対横浜FC(@仙台スタジアム)

2004年度J2第18節:ベガルタ仙台対横浜FCが行われ、1-0で仙台が勝利した。私は友人宅でテレビ観戦でした。悔やまれる試合だった

怪我人続出にもかかわらずあくまでも「勝ち点3」にこだわった監督。サポーターもその姿勢を応援で後押しする。しかし、勝ち点「1」さえも失った。この試合の評価は分かれると思う。G裏のサポーターは拍手で選手を迎えた。悔し涙を流している方もいた、と聞く。拍手で迎えることは「ぬるい」事なのかもしれない。でも私はそうは思わない。その現場にいなかったので何とも言えませんが、選手達は「魂を抜かれた」ような状態だったと思う。ピッチで戦っていた彼らは川崎戦の時とは違うように思う。「何も出来なかった」川崎戦。(主力が欠けていたとは言え)「やれば出来るんだ」と思わせるプレーを見せてくれた仙台戦。その精神的(もしくは1人1人の)成長に対し私もテレビの前でで拍手した

水曜日にアウェーで甲府と戦う。「選手達は立ち直ってくれているだろうか?」と正直、思ってしまう。試合まで短い期間しかないが、仙台戦の敗戦から目を逸らすのではなく、仙台戦で体感させられた「足りなかった何か」を見つけて欲しい。甲府戦も私は現地に行けないが、思いは1つ。

「絶対、勝つ」。

|

« 仙台戦に向けて | Main | 甲府戦に向けて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/812579

Listed below are links to weblogs that reference 2004年度J2第18節:ベガルタ仙台対横浜FC(@仙台スタジアム):

« 仙台戦に向けて | Main | 甲府戦に向けて »