« 福岡戦に向けて | Main | 札幌戦に向けて »

2004.04.13

2004年度J2第5節:横浜FC対アビスパ福岡

2004年度J2第5節:横浜FC対アビスパ福岡が開催され、1-0で横浜FCが勝利。「勝ち点3」を取れたことが唯一(そして最大)の収穫でした。

私が三ツ沢に着いたのは11時30分。列のほうは・・・、全然、出来てませんでした。試合に勝っていくことで観客動員数を増やしていかないといけません。

この日はいい天気だったのでスタジアムに入ってもG裏はいつもよりもゆったりモードでした。でも選手がピッチに登場するともちろん、G裏はテンションは上がります。この日のG裏はいつに無く密集度が高い。「人が少ないっ!G裏はとにかく1つに集まって熱く応援しよう」ということでホームG裏・正面・上段に密集。下段はゴールが決まった時のために空いてます。G裏が満員になったらどうするんでしょう・・・?

先発メンバーはサスペンションの早川に代わって中島(#27)が入って左SB右SBには智吉(#7)が入ります。ベンチには大久保が今期初登録。大久保に期待しているサポは結構、います。まだ出場していない大久保ですがコンディションの為なのか、それとも・・・。

フォーメーションは昨年の4-1-4-1ように見えますが、昨年よりは信義の位置が高いです。しかし、試合が始まってみると、1トップのジェフェとCMFの信義(#18)、さらにもう1枚のCMF内田(#10)との間に距離が出来てしまい、攻撃を組み立てられません。ディフェンス時においては内田と信義が並んでマシュー(#6)すぐ後ろにいるというポジショニングしていた昨年とは違い、この試合に限っては信義がやや前に位置取りし、マシューと内田がほぼ横並びの様になっていました。内田とマシューがほぼ横並びの関係になってしまっていたので、ここを突破されると一気にピンチになってしまいますし、そういう場面が何度かありました。マシューは中盤でのスイーパーに専念させた方がいいと思います。DF時には・ジェフェ・内田・信義・臼井・大友がまずボールホルダーにアタックし、DFラインとマシューを助けた方がいいと思います。さらに今年はラインDFを採用しているので中途半端なプレスではあっさりと裏を取られてしまいます。「信義がやや前目の位置を取った」という現象は昨年は「1トップ」であったのに対して、今年は「2トップ」を監督が採用しているのでDF時でもシャドー・ストライカーの位置に入った信義が昨年より高い位置取りをしてしまっていたからだ、と思います。DF時には信義がもう少し下がった方が良かったのかもしれません。

前半は福岡・横浜FC共に2回のチャンスが訪れますが決めることは出来ずに前半は0-0で終了。特にジェフェが外した場面は本当に決定的なチャンスでした。普通なら負けるパターンです

後半も大した見せ場はありませんでしたが、時折、福岡が惜しいシュートを打ってきます。がポストに当たったりで決まりません。ただ時間だけが過ぎていった頃に、審判が相手DFのハンドを取りPKをもらいます。ビデオで見ても本当にハンドだったのかよく分かりません。主審がPKを支持したので横浜FCにはラッキーでした。PKをマシューが決めて先制。G裏には何故かバケツ一杯に水が・・・。ゴール時には水が撒かれていました・・・。「先制して追いつかれる」という前節の水戸戦があるのでサポは気を引き締めます。「もう1点、取って来い」という声がさかんに出ます。福岡の攻撃をどうにか抑えて1-0で試合終了。「勝ち点3」を拾った形になりました。

内容は大してありません。福岡の方が全体的にはいいサッカーを見せていたように思います。両チーム共に審判の判定にいらいらしていた感じでした。低調な試合内容でも「勝ち点3」を取れたことは良かった、と思います。この試合のパフォーマンスは全体的に低調でした。信義はなかなかシュートに絡めませんでしたし、臼井・大友の両SHもほとんど数的不利を強いられていました。CMFのサポートはありますが、それ以上にSBのサポートが少なすぎます。内田の動きは山形戦よりは良かったと思います。ジェフェは相変わらず・・・。さらにカードも結構、もらってしまってますし・・・。

次節は札幌戦。札幌は柳下監督が就任してまだまだ発展途上ですがFWはスピードがありますし、かなり手強いです。横浜FCとしては何度も言っていますが、両SHが数的不利になって攻めれなくならないようにサポートを常にしていかないといけません。オーバーラップを使う為にはタメを作らないといけません。城が出れないのであれば、ジェフェや信義が頑張ってタメを作らなければ・・・。あと裏でパスを受ける動きをしないといけません。明らかに足元へのパスを狙われています。攻撃のバリエーションが少ないので改善が必要だと思いますし、出来ると思います。

30歳になった小野信義(#18)とキャプテンマークを巻いた山尾光則(#26)。
_005.jpg

|

« 福岡戦に向けて | Main | 札幌戦に向けて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/436351

Listed below are links to weblogs that reference 2004年度J2第5節:横浜FC対アビスパ福岡:

» 次節展望 [ウタカタ ノ ヒビ ブログ]
さて、週の中日の水曜日。 本家ウタカタノヒビhttp://d.hatena.ne [Read More]

Tracked on 2004.04.14 at 03:17 PM

« 福岡戦に向けて | Main | 札幌戦に向けて »