« 2004年J2第4節:水戸ホーリーホック対横浜FC(@栃木) | Main | 地上での戦い »

2004.04.06

水戸戦を通じて見えたもの

水戸戦はJ SPORTSでは見れないことが判明。よって私なりの感想は書くことが出来ません・・・。

「勝ち点2を損した」という結果に終わった水戸戦。無駄にラインを上げようとしていないか?お互いに声が出ているのか?ミスをしても選手同士で怒鳴り合っていないのか?「2点差は一番、危ない点差」とはよく言われる。そこで「もう1点、取って来い」という雰囲気に私たちがさせることはやっぱり必要なのかもしれない。ピッチもスタンドも「ほっ」としてはいけないのだ

「負けてもおかしくない試合を負けていない」という事実はある。だが「勝てる試合もあった」。この事実をいろんな角度から検証し、福岡・札幌・京都・川崎と続く前半の山場に臨んで欲しい。

|

« 2004年J2第4節:水戸ホーリーホック対横浜FC(@栃木) | Main | 地上での戦い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/402329

Listed below are links to weblogs that reference 水戸戦を通じて見えたもの:

« 2004年J2第4節:水戸ホーリーホック対横浜FC(@栃木) | Main | 地上での戦い »