« アテネへ向けて | Main | AFC女子サッカー選手権2004準決勝:朝鮮民主主義人民共和国代表対日本代表(@国立競技場) »

2004.04.25

2004年度J2第7節:横浜FC対京都パープルサンガ(@三ツ沢)

2004年度J2第7節:横浜FC対京都パープルサンガが三ツ沢球技場で開催され、0-0の引き分けでした。主力3人を欠いている京都に対して引き分けは痛いですね・・・

この日は寒の戻りで少し肌寒かったです。三ツ沢に着いたのは12時30分過ぎ。遅くなったのには理由があるのですがそれはまた後で・・・。この日の観客は3300人。京都サポのお陰なんでしょうか。それともとりあえず無敗を保っている横浜FCのサッカーに興味を持ってくれたのでしょうか?

この日は新しい応援パターンが登場。1つはトゥイードの新曲、もう1つは既存の曲のマイナーチェンジです。選手が練習のためにピッチに登場した時、私が見たものは選手達の円陣。こういう光景は初めて見ました。この試合にかける意気込みを見ることが出来ました。

スタメンはFW城(#25・C)、左SB智吉(#7)が復帰し、4-4-2のシステム。前半は横浜がボールを支配し、何度かシュートまで持っていきますが枠内に飛びません。それに対して京都は少し引き気味の位置を取ってカウンターを狙ってきました。横浜FCは京都の冨田に手こずっていました。相手の嫌な位置に現れるプレーは脅威でした。前半にGKと1対1の場面を作りましたがシュートが外れてくれたので助かりました。前半で一番、沸いたのは京都のDF森(#29)の行動。横浜FCのサポーターに対して中指を立てるとは・・・。流石にみんな、切れてました

後半に入ると、京都が主導権を持って常にボールをキープするようになります。後半開始早々にGK菅野(#21)が冨田との1対1を止めます。止めた菅野はボールを押さえながら小さくガッツポーズ。昨年のデビュー直後から比べるとよく声も出るようになっているし、リードしている時の時間の使い方も上手くなっている。これで背が高かったらなぁ・・・、といつも思ってしまいます。後半途中には冨田に代えて熱田を出してきた京都ですがこの交代で京都がさらに押し込んできます。京都の攻撃を何とか凌いで後半ロスタイムに城がシュートを放ちますがクロスバーにはじかれて試合終了。

試合の雑感としては「勝てる試合のはずなのに・・・」と思いました。前半は横浜FC、後半は京都が試合を支配。ぺナ付近での決定的な場面は京都が2つ、横浜FCが1つだと思います。横浜FCの課題は「シュートを打つこと」になるのかもしれません。後半は特にシュートらしいシュートは3本(城1本、大友がFKから1本、ジェフェのヘッド1本)だけだったと思います。もっとシュートを打たないと・・・。シュートを打たないと得点できませんからね。守備に関してはボランチの2枚とDFラインの距離が安定しなかったな、と思いました。遠すぎるとDFラインの前で相手に前を向かれてしまうし、近すぎるとDFラインに吸収されてしまいセカンドボールを拾えなくなったり、相手に面白いようにボールを回されてしまいます。後半、押し込まれた時はコースを切るのが精一杯でチーム全体でもっと厳しくプレスに行けませんでした。京都の状況を見ると「勝てる試合」でしたが攻めきることが出来ずに0-0の引き分けに終わりました。

第7節を終わって2勝5分け・勝ち点11。勝てる試合を引き分けたり、何とか引き分けに持ち込んだり・・・。昨年と違い「失点が少ないこと」がこの成績に現れているのかもしれません。次節は川崎との神奈川ダービー。2004年度J2の優勝候補筆頭が相手です。次節、勝ち点3を取れば勢いに乗れる可能性は大きいと思います。内容も欲しいですが、それ以上に「勝ち点3」という結果がとにかく欲しいです。少なくとも今シーズンの前半戦を左右しかねない試合になるかもしれません。そのくらいの気持ちを持って私は29日に三ツ沢に行きます。

|

« アテネへ向けて | Main | AFC女子サッカー選手権2004準決勝:朝鮮民主主義人民共和国代表対日本代表(@国立競技場) »

Comments

アウェイ観客の一名です。(サンガ)

勇兄、そんなことしてましたか。_| ̄|○
明日城陽に行って来るので、注意喚起ですね。
気分を害された方、申し訳ございませんでした、とサンガサポが謝罪していたとお伝えください。
(おかしいな…第二子が産まれてからは、ちぃっとは丸くなったはずなのに…)

主力3人と抜けと書かれていますがそんなものじゃありません。
正確には
「手島・萩村・鈴木和裕・ビジュ・松井・ヨンス・中村」のTOP組7人抜けです。(強調)
サテライトか1.8軍状態です。
渡邊選手デビューとか、中山選手初スタメンとか…。

Posted by: 杏綬 | 2004.04.26 at 09:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/493903

Listed below are links to weblogs that reference 2004年度J2第7節:横浜FC対京都パープルサンガ(@三ツ沢):

« アテネへ向けて | Main | AFC女子サッカー選手権2004準決勝:朝鮮民主主義人民共和国代表対日本代表(@国立競技場) »