« 2004年度J2第1節:横浜FC対ベガルタ仙台 | Main | アテネ五輪アジア最終予選:U23日本代表対U23レバノン代表 »

2004.03.16

U23日本代表対U23バーレーン代表

埼玉スタジアム2002で行われたアテネ五輪アジア最終予選を見てきました。結果はご存知の通り0-1でU23日本代表は負けました。勝ち点7で3チームが並び、3チームに自力1位の可能性がある、というトンデモナイ状況になってしまいました。「最終戦で決定する、って事になったらいいな。G裏も殺気立って来るだろうし」なんて思ってたら、ホントになってしまいました・・・。スイマセン・・・。

最終予選は結果を残せ!、なのでU23日本代表に対してはブーイングしてました。「ニッポン!」コールの意味は「お前ら頑張れ!勝利の神様は見捨てても俺達は見てないゼ」という風に受け取りました。この解釈でよければコールは分かるんです。でも、最終予選、ここはココロを鬼にしないといけないと思います。監督の采配も「・・・」でしたから。1-0で負けているのに何故もっと単純にゴール前にクロスを上げないんだ!、と何度も思ってました。ま、もう過ぎてしまったことなのでバーレーン戦でダメだった所を修正して、レバノン戦に臨んで欲しいです。

で、そのレバノン代表は主力選手が帰ってきているので強いですね、攻撃は。守備はファーサイドにクロスを上げれば枚数が足りなくなる傾向があるのでそこを突いていけば自ずから突破口は見えてくるでしょう。守備2枚を欠くU23日本代表。「攻めて、攻めて、得点を取りきる」ことが大事ですね

私は「U23日本代表」を「アテネオリンピック代表」と呼べる、と信じています。サポーターもそう信じていかないとダメですね。それとゴール裏で立って声を出して応援する人には最大限の「殺気」でお願いします。多分、ここまで殺気立つのはフランスW杯日本対UAE戦以来でしょうね。ちなみにこの時は1-1。試合後、カズに卵が投げられています。またUAEが絡んでる・・・。

とにかくどんな内容でもいい。U23日本代表よ、勝て。

|

« 2004年度J2第1節:横浜FC対ベガルタ仙台 | Main | アテネ五輪アジア最終予選:U23日本代表対U23レバノン代表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/304839

Listed below are links to weblogs that reference U23日本代表対U23バーレーン代表:

« 2004年度J2第1節:横浜FC対ベガルタ仙台 | Main | アテネ五輪アジア最終予選:U23日本代表対U23レバノン代表 »