« 選ばれた18人 | Main | 最近・・・ »

2004.02.20

日本代表対オマーン代表

2月18日、W杯アジア一次予選・グループ3、日本代表対オマーン代表の試合が埼玉スタジアム2002で開催された。結果はご存知の通りです。まず、私のスケジュールから・・・。4時50分に自宅を出て、埼玉スタジアムに着いたのは6時30分。ここで友人と合流。8時の列整理の後、私の前後の人とウノ、大貧民をやる。が、私は負け続け、3人分の昼食をおごる事となった。14時過ぎに今回のチケットを譲っていただいた方が合流。スタジアムに入場できたのは16時20分。入場するまでとにかく寒かった・・・。

17時にはカテ5は8~9割は埋まっていた。恒例の「フェアプレーフラッグを持って入場するコンテスト」が行われる。親善試合のときとは違い、場内アナウンサーのテンションも高く、サポーターを上手く盛り上げていた。18時40分頃に選手がピッチに登場し練習を始める。オマーン代表は先発の11人しか練習を行っていなかった。その後、控え選手も集まって何と「記念の集合写真」の撮影を敢行。すかさず「オマーン代表は修学旅行気分だぞ」と私は野次っていた。選手が引き上げ、スタメンが発表される。ホーム側では見事なマスゲームが行われ、日本代表が発表されるたびに観客はは青い紙を上げ、スタジアムは青一色に染まる。ゴール裏のサポの戦闘体制が整い、選手入場。

いよいよ試合開始。日本は特に緊張している、と言う感じには見えなかった。が、明らかにコンディション不良の山田の動きは悪かった。宮本、柳沢も病み上がりだった。海外組も万全ではない。さらに連携が上手く噛み合わない。パスの緩急もなく、FWはぺナ付近で重なってしまう。オマーン代表は日本の足元に入るパスを狙い、奪った後はシンプルにつなぎ攻め上がる。日本がいい形を作れない中、高原がラッキーなPKを奪う明らかに高原がDFを後ろから押していたのに・・・。しかし、俊輔のPKは見事にセーブされ、スタジアムの雰囲気は険悪なムードに・・・。前半終了時にはブーイングまで出た。こういう試合展開は予想できたことなので私はブーイングをしませんでした。

ジーコがまず動く。後半開始から柳沢を下げて久保を投入。日本は「久保の高さ」という明確な武器を使いゴールに迫る。が、流れはなかなかよくならない。次に遠藤を下げて小笠原を投入。ヒデはボランチに下がった事によって前を向いてボールを持てるようになるが、攻撃のテンポは変わらない。最後に高原を下げて鈴木を投入。ベルギー戦の様なゴールを期待したのは私だけではないと思う。パワープレーで攻めるがシュートまで持ち込めない。

歓喜の瞬間は突然やって来た。久保が決勝点を決める。シュートしてからネットが揺れるまでもの凄く時間があった。私にはスローモーションに見えた「勝利を半ば諦めたスタジアム」は一転、大騒ぎとなり、総立ちで「凱旋行進曲」を口ずさみ、試合終了を迎える。スタジアムが「安堵」に包まれたのは言うまでもない。

私は前から「W杯予選に内容は求めない。結果が全て」と言って来た。この点において「勝ち点3を取った」ことを最大限、評価する。しかし「内容はどうだったか?」と聞かれると「最悪だった」としか言えない。病み上がりの選手が3人、海外組みの体調も万全ではない。連携は最悪でチームとして1本、「筋」が通っていない。逆にオマーン代表は「勝利からの逆算」を行い、カウンターアタックに徹する。シンプルにボールをつなぎ攻め上がるが、フィニッシュの精度が悪く、ゴールには至らなかった。また機を見ては選手がピッチに倒れこみ「時間稼ぎ」をする。日本サポのフラストレーションはたまり、時間が進むにつれて「悲しみ」にも似た雰囲気がスタジアムを包む。試合をオマーン代表に支配されたが、久保がゴールを決めた。本当に勝てて良かった、と思う。セルジオ越後氏が「1つ良かった点は、これより悪い内容の試合を見ることはない」と解説した通りの試合内容だった。私ならこう言う。「93分間の退屈と一瞬の歓喜」。

日本でW杯予選を開催するのは7年ぶり。親善試合では体験することが出来ない「真剣勝負」に戸惑う人もいたと思う。スタジアムはいい雰囲気であったし、多少は「殺気」も出ていた。そういう人にはいい体験が出来たとおもう。私は「これから長い戦いが始まるのだ」と感じた。出来ることなら「胃が痛くなるような試合」は避けたい。しかし、どこかで今日より苦しい試合を戦うかも知れない。その時にこのオマーン戦を思い出すのだろう。「あの試合も苦しかった」と。日本がW杯の出場権を得た時、このオマーン戦での勝利が大きな意味を持つ、と(勝手に)思っている。

最後になりましたがこの場を借りて、今回の試合のチケットを譲っていただいた方にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

詳しい試合内容はスポーツナビを参照:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/index.html


ホーム側のマスゲーム(オマーン代表の紹介時なのが残念・・・)
_011.jpg


|

« 選ばれた18人 | Main | 最近・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/214449

Listed below are links to weblogs that reference 日本代表対オマーン代表:

» 劇的埼玉スタジアム2002 [SHODO(衝動)]
実況ライブどころか 遅れすぎました(;つД`) すいません(;つД`) とにかく久保の最後の一撃によって 1-0でオマーンを沈めたわけですヽ(´ー`)ノ そんな... [Read More]

Tracked on 2004.02.20 at 02:21 AM

« 選ばれた18人 | Main | 最近・・・ »