« 大チャンス | Main | 全米が熱狂する1週間 »

2004.01.15

いよいよ始動

2年連続のセントラルリーグ制覇、そして19年ぶりの日本一に向けて矢野が徳之島で自主トレ開始。とりあえず昨シーズンの主力が残留したので良かったが、彼らベテラン勢は力が落ちていく段階に差し掛かっている。若手の台頭をとにかく期待する。①濱中の4番固定②矢野に続く若手捕手の台頭③井川を中心としたローテーションの構築・・・などなど。

不安材料は「初めて追われる立場になった」という点。今シーズン、他球団は「阪神(と巨人?)を考えた投手ローテーション」を組んでくることが予想される。昨シーズンは途中から阪神に主力投手を当ててきたが、その時にはすでにゲーム差が15ゲームぐらいはあった。シーズン当初から主戦を当てられた時、どうなるのか?正直、心配である。さらに「昨シーズンの様な記録を今シーズンも残せるか?」と言われれば、正直言って「難しい」だろう。

阪神には頼もしい選手が入団してくれた。鳥谷と筒井である。彼らにはすぐにでも一軍で活躍して欲しい。筒井はムーアの穴を埋める先発もしくはセットアッパー、鳥谷はまず藤本とショートを争って欲しい。藤本は相当気合が入っているらしいので、そう簡単に取れるとは思わない。(阪神にはかつて「大学No.1ショート」として的場寛壱が九州共立大から入団したが期待はずれに終わった。この事が鮮明に残っているので正直、不安もあるのだが・・・)

「期待半分、不安も半分」と言う感じです。

|

« 大チャンス | Main | 全米が熱狂する1週間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13437/102369

Listed below are links to weblogs that reference いよいよ始動:

« 大チャンス | Main | 全米が熱狂する1週間 »